• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

きれい肌の為には何でも試す!世界中の変わったエステ法をご紹介

Date:2014.10.22

いつまでも若々しく美しい肌でいたい・・・。古くから私たち女性は自分たちの美をキープするためにさまざまな美容法を試してきました。

時には周囲に驚かれようと、奇異に見られようとかまわず、不思議な美容法を試してみたりして。そんな美の冒険者たちは現代にも存在しています。

この記事では日本を含めた世界中で試されている面白いフェイシャルをご紹介。高級エステサロンでは、実はこんな興味深い施術が行われているのですよ・・・

かたつむりフェイシャル:2万5千円~

最近では市販のフェイシャルマスクにもかたつむりエキスが入っていたりしますよね。試されたことのある方もいると思います(私はどうしても手が出ませんが…)。

かたつむりエキスの入ったコスメは、まあ使えるとして…本物のかたつむりが顔の上を這うフェイシャルやってみたい人、います?生きたかたつむりの新鮮なねばねばには、肌を生き返らせるタンパク質や抗酸化物質、なんとヒアルロン酸まで含まれているのだとか。

「100%のピュアなかたつむりエキスがあなたのお肌に浸透します」というのがうたい文句のこの施術、東京で受けられます。

バンパイアフェイシャル:8万円~

ハリウッドセレブが顔中を血だらけにした画像で話題になったバンパイアフェイシャル。クライエントの腕から採取した血液を分離し、血小板だけを取り出して美容成分と混ぜ、顔に注射していくというワイルドな施術です。

成功するととってもきれいな肌になれるそうですが、何度も施術を受けなければいけないとか、聞くところによると値段が100万円単位でかかってくるとか、議論の余地がありそうな美容法。アメリカの各地で受けられるそうですよ。

ゲイシャフェイシャル:~2万円

ドラッグストアで鳥のイラストの描かれた洗顔料を見たことのある人はいますか?実はこれ、うぐいすのフンからできた洗顔料だったのです。

昔々、芸者さんが美しい肌を保つために使っていたのが、うぐいすのフン。マイルドな酵素が含まれているフンで顔を洗うことで、角質落としができていたそうです。

これをニューヨークでモダンにアレンジして施術に使っています。UV光線で消毒され、見た目にはそうとは分からないマスクになっているそうですよ。

ファイアーフェイシャル:値段不明

「やけどしそうな美人」と言われたなら、それは褒め言葉。しかし、本当にやけどしそうな思いをしてまで美人になりたい女性は中国へどうぞ。

このファイアーフェイシャルは、文字通り顔に火をつける施術。詳しくは明らかにされていませんが、何らかのクリームを分厚く顔に塗り、その上からアルコールに浸したタオルを載せて火をつけ、美肌効果を狙うものだとか。

肌は実際にはやけどせず、温まる程度だそうですが、実際に画像を見てみるとちょっと恐ろしい。海外の美容家からも安全面から見て危険な行為だとの指摘があります。とはいえ中国四千年の美の歴史、なんだか霊験あらたかと言った感じもしないでもありません。

ひっぱたきフェイシャル:~3万5千円

顔をひっぱたいて若々しい肌にする・・・。こんな施術で3万5千円を客に要求した「エステティシャン」がサンフランシスコに実在したそうです。彼女が言うには、肌をたたいたり、つねったり、さすったりすることでボトックス注射と同じような効果が得られるのだとか。

効果のほどは明らかではありませんが、見るのはなかなかのエンターテイメントかも!?自分がやるより、誰か嫌いな人に・・・なんて、思っちゃいけませんよ。

終わりに

いかがでしたか?なんとなく効果の感じられそうなものもある反面、「え、ほんとに!?」と思うような怪しいものもありましたね。美しくなりたいのは女性の常、明らかにいかがわしいものにもつい頼りたくなる気持ちは分からなくもないですね。

この記事をシェアする

関連記事