• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これだけで痩せる!足が細くなる!30日継続エクササイズプラン

Date:2014.09.05

もう少しだけ痩せて、この足も細くなったらなあ。鏡を見るたび、余分なお肉をつまんでためいきついていませんか?

「もうちょっとだけ痩せたい」と願うのは、あなただけではありません。かといって、急激なダイエットは急激なリバウンドの元。1週間に1キロくらいずつ痩せていくのが理想的なダイエットといえるでしょう。

この記事では1か月で2キロから4キロほどの減量を目標に、食生活、有酸素運動、足痩せ運動の3つを柱にしたダイエット計画のご紹介をします。

1.ヘルシーな食生活

ダイエットに必要なのは、ヘルシーさ。これは昔からずっと言われていることですね。野菜や果物を中心に、ファストフードやお菓子などのジャンクフードを減らし、魚や脂身の少ない肉や卵、豆類などのタンパク質を取り、カロリーは減らして栄養の高いものを食べる。

これはダイエットにも健康にも一番大事な要素。特に野菜や果物はその土地でとれた旬のものを食べるのが、栄養的にも理に適っています。タンパク質は、加工されたものではなく、なるべく自然に近い状態のものを食べましょう。

食べる順番も大切。最初に野菜や果物などの生のものを食べて酵素を補い、スープ、その後植物性のタンパク質、動物性のタンパク質、最後にご飯やパンなどの炭水化物でしめます。

果物をデザートに食べるのは、せっかくのビタミンや栄養素を酸化させてしまうことにつながるので、タブー。食前に食べるのが正解です。

食べる量は腹7分目。最初から料理を減らして盛り付ければ、残すことへの罪悪感も減ります。

2.有酸素運動

30日間で痩せて足を細くしたいのなら、思い切った習慣の変化が必要。1日30分から60分の有酸素運動を週5日行いましょう。最近は短い時間で運動ができるジムなども増えていますから、一人でやると怠けてしまう、という人にもお勧めです。

朝早起きして早歩きでウォーキングする、仕事帰りにプールで泳ぐ、などもいいでしょう。

運動の習慣を身に着けることで、30日後も継続して健康で美しい体をキープすることができます。

また、運動の習慣がついてくると、不思議と健康的なものを食べたくなってくるというおまけつき。食生活と運動のダブルタッグで、あなたの理想の体作りが加速していきます。

3.足痩せ運動

①スクワット

①足を腰幅より少しだけ広く開き、椅子に座るような恰好にひざを曲げていきます。この時、ひざがつまさきより出ないように注意。

②太腿が床と平行になったら、元の位置に戻します。

③これをくりかえします。

最初は1日10回からでもいいので、最後は1日30回以上できるように毎日行います。このとき両手にダンベルを持てば、体全体のトレーニングになります。

②大きくアキレス腱伸ばし

①足を腰幅に開き、右足を大きく前に踏み出して曲げます。アキレス腱伸ばしを大げさにやるような格好になります。

②左足は後方に伸びるような形になり、足の裏側からヒップが鍛えられます。

③ひざが悪い方は、前に右足を踏み出す代わりに左足を後方へ伸ばし、右足をそれにつれて曲げましょう。片方の足を10回踏み出したら、足を変えて同様に行います。

最初は片足10回ずつ、最後は1日30回以上できるように毎日行います。手にダンベルを持つと効果がアップ。前後に足を踏み出す動作を右左に足を出すようにすると、足の側面も鍛えられます。

③エレベーターの代わりに階段を

30日で痩せる!と決めたならば、この1か月はエレベーターを使わないと心に決めましょう。代わりに階段を上り下りします。もっと負荷をかけたいのなら、1段飛ばしもおすすめ。

だれかに見られるとちょっと恥ずかしいですが、横向きに階段を上り下りすると、足の側面を鍛えることができます。

30日継続エクササイズプラン、いかがでしたか?シンプルな方法ですが、続けることでじわじわと確実に効果が出てきます。

「ダイエットは明日から」なんて言っていても、理想の体は手に入りませんよ。ここは重い腰を上げて、痩せてきれいになる!と決めちゃいましょう。今日が吉日。1か月後の輝くあなたを楽しみに、健康習慣を始めてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事