• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

働き過ぎな女子へ!目の下のクマを解消=「-5歳」が実現

Date:2012.05.09

クマがあると5歳は老ける

女性の大敵、クマ。特にオフィスワークで疲れた夕方になると、鏡を見ると朝と別人に。化粧品会社の調査では、「女性の朝と夕方の顔の年齢差は?」という問いに対して、男性の回答で最も多かったのは「プラス5歳」辛口にもほどがある!が、これも現実。

しかも、これらの原因は「クマ」。たしかに、クマがあると不健康そうに、顔全体のトーンも落ちて、老け顔になってしまう。このクマを解消することで、あなたの表情もグッと魅力的に。朝の化粧したての顔をキープ!

クマの原因

目の下のクマこの原因をなくせば、クマにサヨナラ…できる?

まず、寝不足、ストレス、過労、これらのダメージで目元が「血行不良」になる。すると静脈網に血液がたまり、それが透けて見えるという仕組み。クマ保持者のほとんどはこれに該当する。

次は、目の周りの毛細血管のメラニンによる色素沈着のクマ。これは紫外線、乾燥や目元のこすり過ぎなどのダメージによってメラニンがつくられてしまった状態。

続いて、老化による細かなシワとたるみでできるクマ。年齢とともに、下まぶたの皮膚が薄くなるので、脂肪を支えられなくなり、影に見える状態のクマ。

クマ対処血行不良クマ

血行不良からくるクマは、現在人のほとんどの場合が、長時間のPC作業、ゲーム、テレビによるドライアイが原因。少なくとも就寝する2時間前はこれらの作業をやめよう。翌日にキメのデートがある日ならなおさらだ。

睡眠はあらゆる美容の味方、これもしっかりとって。さらに短時間で解決したいならば「温タオル」と「マッサージ」がおすすめ。

  1. 水でぬらしたタオルを電子レンジで1分加熱する
  2. 目にあてて3分
  3. 冷水で目を洗う

これを2、3回繰り返すと、さらにクマ消し効果大。

クマ消しには温タオルが肌のためにも一番いいが、手元にタオルがない場合、マッサージで応急処置を。マッサージは必ず優しく薬指で行うこと。

目元には毛細血管が密集していて、強い力でのマッサージはこれら血管にダメージを与えるので逆効果。

マッサージの順番

  1. 下まぶたの目じり
  2. 目頭
  3. 上まぶたの目頭
  4. 目じりと一周するように、2、3回
  5. 最後に目頭の内側のツボを20秒ほど押す

またポリフェノールを含んだ食品、(カシスやブルーベリーなど)を摂取するのも手。

クマ対処メラニン沈着クマ

正直、このクマはやっかいクマ。どうしても気になる場合は皮膚科でレーザー治療がおすすめ。また、普段使っている化粧品、特に美白化粧水をチェック。こういったものが合わないと、メラニン沈着クマができあがる。

他にビタミンCを補給する、規則正しい睡眠でメラニンを抑制する、などもいい。

クマ対処老化クマ

これにはアンチエイジングで対処を。まずはシワやたるみをつくらないことが大切。目の下のたるみに効果的なのは「ストロビクス」と呼ばれるストローを口にくわえてする表情筋のストレッチ。

ストローをくわえて息をすいながら、ゆっくりと両目で上を見る。この時に顔の位置が動かないように。→目を閉じてゆっくりと息を吐く。これを2、3回繰り返す。

さらに、リンパマッサージもいい。顔全体のたるみやむくみを解消できる。

  1. あごから耳の下に向かって指先をすべらせる
  2. 耳の下から肩に向かってなでおろす
  3. 指先を鎖骨のくぼみまですべらせ軽く押す
  4. 4、5回繰り返す。

この鎖骨周りをやわらかくして、リンパの循環をよくすることで、フェイスラインが整えられる。またシワにならないためには、コマメな保湿も必要。ビタミンEやコラーゲンを取るのもいい。

即効でクマ対処は化粧下地

即効でこのクマ今日だけどうにかしたい、という日はやはりコスメの力を。その際は厚塗りになるのを控えて、化粧下地の色をワントーン上げて。

また、目元だけ下地をパール入りやダイアモンド入りにしてもいい。コンシーラーでゴシゴシ消すのは避けましょう。

この春は、疲れ顔をつくるクマにサヨナラして、-5歳を実現しましょう。

この記事をシェアする

関連記事