• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

胃腸の弱い女性は注意!ファーストフードで下痢をするわけ

Date:2013.09.25

ファーストフードなどに使われている油って体に良くないの?

ファーストフードのハンバーガーやポテトが好きだからといって食べに行くと、なぜかいつも食べた1~2時間の間に自分だけが下痢をするということはありませんか?

一緒に同じメニューを食べた家族や友だちは平気なのになぜ自分だけ?と思う女性は胃腸が弱いのかもしれません。

ファーストフードなどに使われている「油」は胃腸の弱い方にはちょっとおススメできない油だったのです。ファーストフードは一度にたくさんのポテトなどを油で揚げ、同じ油でずっと揚げ続けていますよね?実はその油に問題があるのです。

油は一度熱せられると酸素と反応して、過酸化脂質になるのですね。これは人体にはあまりよくない、どちらかというと害になる物です。酸化した油は活性酸素のもとになります。

活性酸素というのは、癌などを引き起こしたり、老化を招いたりする良くないものです。その原因となるような油でたくさんのポテトやフライドチキンなどが揚げられています。

しかもファーストフード店などで使われている油は、その日に使う油を毎日交換してくれているわけではなく、同じ油を何度も使っています。

もちろん新しい油を継ぎ足して入るわけですが、何日も前の油で、ずっと高温にさらされて完全に酸化している状態の古い油が使われているのです。

若いうちは私たちの体の中に活性酸素から守ってくれる仕組みがあるわけですが、残念ながら30代以降はその働きが少なくなってきて、過酸化脂質はどんどん体内にたまってしまうのですね…。

過酸化脂質がたくさんたまりすぎると細胞膜が壊されて細胞が死滅してしまい、病気を引き起こしてしまうのです。

過酸化脂質をためないためには?

過酸化脂質などになるような良くない油を摂取したときに、温かいものを飲んでいる場合は、まだ胃腸の働きにも大きく影響はしません。

過酸化脂質が血液の中にできると良くない油を洗い流すために、肝臓では冷えている血液を温かくして心臓へと送り全身に流して、良くない過酸化脂質を少しでも早く体外へ老廃物として排出しようとするのですね。

ところが、ファーストフードとセットになっている飲み物の多くは氷が入ったジュース。冷たい飲み物を一緒に摂ってしまうと、肝臓はそれを温めるのに必死にってどんどん忙しくなります。

肝臓は良くない物を解毒するという重要な役割を担っている場所でもあるので、良くない物を体内から排出することができなくなり、過酸化脂質が体の中にたまっていきやすくなるのですね。

過酸化脂質は血管を硬くしたり、血栓まで作ってしまう有害な物質です。ですので、できれば、温かい飲み物を飲むのがよいのです。

実は、夏場に喉が渇いたといって、キンキンに冷えた水をがぶがぶ飲んでも、すぐにまた喉が渇いてしまうといったことはありませんか?実は、冷たく冷やされた水は粒子の大きさが非常に大きく体内に摂取しても細胞膜を通り抜けることができないのですね。

ということは、新しい水分を補給したつもりになっていても、肝心の細胞の中までは新しい水分が入りきらずに体の外にそのまま排出されていってしまう状態になっているので、細胞は水分が不足している状態のままなのです。

ですので、冷たいものを欲しい!という気持ちはよく分かりますが、夏場は常温程度の水を飲むことで水分補給をするのが体に負担がかかりません。

ファーストフードなどを食べたら下痢をしてしまうわけって?

ファーストフードなどに含まれる過酸化脂質を摂ると、胃腸の弱い方の場合は、過酸化脂質の影響で胃腸の粘膜が荒れてしまいます。過酸化脂質は腸管から吸収されにくく、腸管の内壁を傷つけてしまうため、下痢や腹痛が起こってしまうのですね。

また、過酸化脂質の分解生成物は腸管から吸収されてしまいやすく、毒性が強いので注意が必要ですね。

子供にもあまり食べさせすぎるのはよくない!

ファーストフードの油、過酸化脂質は体の中の大切な酵素の働きを鈍らせてしまったり、血球をこわしたり、細胞自体を変性、壊死させてしまうという作用があるのですね。体内の細胞が変性、壊死してしまうと子供の成長ができにくくなるという悲しい状態になるのです。

ファーストフードでは、おもちゃとセットになっていて子供にはとても魅力的な部分ですし、ママにとっては安くて外食ができて便利なものですよね?でもファーストフードばかりに頼るのはちょっと考えたほうがよいですね。

子供も胃腸が弱い子は多いですし、まだ未発達な分、過酸化脂質を体内にたくさん取り入れていくのは危険です。毒素は子供のころから少しずつたまってしまうものですので、大人になって大きな影響が出てしまう危険があるからです。

これらのことを頭に入れて、胃腸が弱い方は無理して食べないようにしたり、どうしてもファーストフードが好きだという場合は、時々楽しむというようにうまく調節されてみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事