• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

乾燥肌・くすみ肌一掃!秋の手作りフェイスマスク2種

Date:2014.10.26

海に、山に、お出かけに。夏は楽しいことが盛りだくさんでしたね。ハッピーな思い出に浸りながらふと肌を触ると・・・あれっ、がさがさ!

紫外線や塩水、暑さや湿気にさらされっぱなしだった私たちの肌は、秋になると夏のツケが回ってきます。乾燥したり、ごわごわしたり、ぽつぽつができたり・・・。

夏の思い出は大切だけれど、肌荒れはいただけません。この記事では秋から冬にぴったりの手作りフェイスマスクのレシピを2つご紹介します。

1.柔らかくて若々しい肌になれるオートミールマスク

オートミールとはちみつが肌に栄養を与え、皮膚を柔らかくしてくれます。ミルクも肌の栄養成分であるアミノ酸がたっぷり。また、ビタミン類が肌の老化に役立ってくれます。

材料

・オートミール(乾燥したものをコーヒーミルなどで砕く)…大さじ2
・はちみつ…大さじ1
・ミルク…大さじ2
・ビタミンEカプセル(あれば)…2つ

方法

①すべての材料を混ぜ(ビタミンEカプセルは中身だけを加えます)、20分ほどペースト状になじむまで待ちます。

②洗顔した後の肌にのせ、30分置いて冷たい水で洗い流します。

③ご自分の化粧水とクリームなどで保湿してください。

2.滑らかでふっくらした肌になれるパンプキンマスク

秋になると出回るかぼちゃ。鮮やかなオレンジ色の果肉のフェイスマスクはあなたの肌を1トーン明るくし、滑らかにしてくれます。

アーモンドオイルは肌をふっくらと潤わせてシワを目立たなくし、はちみつは抗酸化作用で炎症を抑えてくれる上、ブラウンシュガーの角質落とし効果もプラス。とっても贅沢なフェイスマスクです。

材料

・かぼちゃ(ゆでてつぶしたもの)…1/2カップ
・はちみつ…大さじ2
・ブラウンシュガー(キビ砂糖などでも)…大さじ2
・アーモンドオイル…小さじ2

方法

①すべての材料を滑らかになるまでよく混ぜます。

②目の周りを除いた顔の部分にペーストを塗り、15分ほど待ちます。

③その後、軽くマッサージしてから清潔な布巾とぬるま湯で洗い流します。

※このフェイスマスクは密閉容器に入れて冷蔵庫に入れておけば、3週間ほどもちます。

いかがでしたか?夏の気候でダメージを受けた肌は、想像以上にお疲れモードです。この記事に出てきたかぼちゃ以外にも、梨や白キクラゲなど、肌を潤す成分のある食べ物を食べ、常温のお水を飲むようにして肌を内側からもケアしてあげましょう。

これから来る寒い季節も潤ってぷるぷるの肌でいられますように。

この記事をシェアする

関連記事