• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

メイクのノリを左右する!「朝フェイシャルマッサージ」のススメ

Date:2014.01.28

寝起きの顔、自信がある女性はなかなか少ないのではないでしょうか。

寝起きはスッピンであるのはもちろんですが、フェイスラインや目元がむくんでいたり、顔色がくすんでいたり、正直「昼間とどうしてこんなに違うの!?」とびっくりするほど違う日なんかもありますよね。特に前日お酒を飲んだ日なんかは、メイクのノリも違ってしまうというのは想像に難くないもの。

今回は、朝の忙しい時間、メイクをする前にちょちょっとできる、朝のむくみ顔対策についてご紹介します。

こうだから、朝の顔が違う

そもそも、どうして朝のスッピンは人に見せられないレベルになってしまうのでしょうか。
もっともわかりやすいのが、先に挙げた前日にお酒を飲みすぎている場合です。

アルコールは利尿作用があるため、体内から水分を奪っていきますが、それが過ぎると今度は体内に水分をため込もうとする働きをします。この、体内の過剰な水分こそ、むくみです。

アルコールでなくても、寝不足や冷え、ストレスによる血行不良でも、むくみは引き起こされます。また、枕が低すぎる、うつぶせで寝ているなど、顔や頭に水分がたまりやすい恰好で寝ているというだけでも、むくみの原因になります。

メイクの前にリンパマッサージを

恐ろしいことに、むくみは放って置くと定着してしまいます。慢性的に血行が悪い人は特に注意で、意識的に体内のいらない水分や老廃物を流し出してあげることが大切です。

そこで、メイクのノリを良くするためにも、朝のスキンケアのついでにできるマッサージをしましょう。

① 乳液やクリームをたっぷり肌の上に乗せます
フェイス用のマッサージオイルがあればパーフェクトですが、なければ持っている乳液で問題ありません。顔の皮膚はとても薄くできているので、摩擦を起こさないように、必ず乳液をクッションにしてマッサージします。
この時、一緒に保湿ケアもできるので一石二鳥です。

② 頬の中央から、円を描くように
人差し指と中指を広く使い、頬の中央から、目の下、こめかみを通り、耳の下へマッサージします。力を入れ過ぎないように、気持ち良いと思う力加減で続けましょう。

③ 眉間から額をくるくる
②と同じ指で、今度は眉間から、額をくるくる縦長の楕円を描きながらマッサージし、こめかみを通って耳の下へ押し流します。

④ 目の下を指の腹でタップ
目元のクマ対策として、下まぶたのクマができる部分を、指の腹を使って押して一気に血流を良くします。目元の皮膚は横の動きに弱いので、擦らずに必ず指圧することを心がけましょう。

⑤ 首のマッサージをしておしまい
最後は、両の首筋を指で挟み込むようにして上から下へ、そのまま鎖骨を辿るようにしてマッサージします。老廃物を押し流し、むくみの原因になっていた過剰な水分も流れていきます。

肌の上で余った乳液は、そのまま浸透させるか、皮脂が出やすい人はティッシュで押さえて油分を吸いましょう。

鏡を確認すれば、保湿ケア万全でハリのある、そして肌色もピンクになった顔になっているはずです。ここからメイクをスタートして、ファンデーションのノリの良さをぜひ実感してください。

この記事をシェアする

関連記事