• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今話題のファイトケミカルスープの効果でサヨナラ敏感肌!

Date:2014.05.27

ファイトケミカルとは簡単に言えば、植物が持つ抗酸化作用の事。ファイトケミカルは植物自身が様々な外的要素から身を守るために備えている働きなのですが、私たちの体内に入ってもその効果が期待できると言われています。

ベジタリアンなる菜食主義者の方たちは(日本ではあまり聞きなれなかったりしますが、ベジタリアンは肉や魚など命あるものは食べず、野菜や果物などで栄養を摂ります。)随分前からこの植物が持つファイトケミカルに注目して栄養素を摂っています。

イギリスではハーベストという分野があり、ハーブの力で体のバランスをとっていく治療をします。日本人はあまり菜食主義たるものに関心度が薄いですが、野菜を含む植物が持つ力から健康と美容の助けを得られることには誰もが関心を持つべきではないでしょうか?

ファイトケミカルってなに?

ファイトケミカルは私たち女性にとってうれしい効果を持っています。例えば美肌効果、眼精疲労予防、ダイエット効果、免疫を高める効果、さらには老化を防ぐ効果もあると言われています。

野菜、穀物、豆類、そしてフルーツなどの香り、苦味、辛味、色などに含まれています。よく女性ホルモンの分泌よくして潤いのある肌を保つのにポルフェノールが良いというのを聞かれたことがあるのではないでしょうか?

大豆に含まれているイソフラボンにはポルフェノールが入っており意識的に摂りいれるとよいと紹介されています。こうした女性によい成分を知るなら、おなじ食事をしても結果は変わってきます。

すでに知っている成分も含まれ考えられているファイトケミカルは意外と身近なものなのです。ではちょっとした刺激にも反応してしまいがちな敏感肌さんにはどのように役に立つのでしょうか?

敏感肌さん特有のトラブル

敏感肌の要因には、花粉などのアレルギー物質に加えて化学物質への反応もあります。敏感肌の場合、マスクをして予防しようにもマスクがむれて逆効果だったりします。

また、乾燥しやすいのでまめに保湿スプレーしたくても合う化粧水自体が限られていたり、あるいはなかったりします。化粧水自体、健康肌な方であればつけると気持ちよく感じるものが、ピリピリしてしまったりと苦労は絶えないものです。

そこでファイトケミカルをうまく使いコントロールしていくのです!植物性のクリームなどの基礎化粧品など安心できるかというと意外と肌が反応してしまい油断できませんが、体内にファイトケミカルを摂取する訳なので、安心していられます。

しかもデトックスのような毒をだすという発想の逆手の発想で炎症を抑えたりする働きをさせる訳ですから、体に効果を感じられやすいものなのです。

ファイトケミカルスープのレシピ♪

美肌に良いファイトケミカル効果のあるのは、スルフォラファン、タンニンの含まれている野菜。例えば、ブロッコリーやカリフラワーなどがあります。また疲労回復にはアリイン、アリシンが含まれているニンニクやネギ。

免疫を高めるのにはフコダインと呼ばれる成分で海藻に多く含まれています。肌の抵抗力を高めるためにも免疫力が不可欠ですから、わかめや昆布といった海藻はお勧めの食材です。

つまり今上げたような野菜を使ってスープを食べる事によって敏感肌特有のトラブルを緩和できるという事です。カリフラワーなどの大物野菜は一番最後に入れます。最初にお鍋にお湯を沸かし昆布などの出汁の出るものを入れます。

それからニンニクなど3つくらいにカットして入れます。昆布だしの旨みをいかすならカツオの出汁などはやめてハーブソルトか白だしで味付けし大物野菜であるカリフラワーなどを入れると同時にわかめなどの海藻も少々入れます。

ひと煮立ちしてきたらふたをして数分たったら出来上がり!ニンニクのお好きな方であればすって入れてもよいかもしれません。お皿につけたら少々のごま油をかけていただきましょう。栄養素でいえば、肌に必要なビタミンEのスープです。

スープはあきた?!では温サラダでも!

スープだとあきてしまうという方には、ただボイルドして温サラダでもよいかもしれません。実際に私自身もカリフラワーやブロッコリーをボイルしてオリーブオイルとハーブソルトで食べています。上質なオイルを使う事は大切です。

オイルと言ってもオリーブオイルだけでなく、ごま油やエゴマ油、グレープシードオイルなど様々です。それぞれのオイルに良さがありますが自分の好みの風味がよいオイルを使って長く食べ続けていただけたらと思います。

この記事をシェアする

関連記事