• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

季節の変わり目、春のNGファッションをOKファッションに

Date:2013.06.14

桜のつぼみも開花してだんだんと春めいてくるこの季節。暖かくなるのがうれしい反面、困ってしまうのがそう、ファッションです。

昼間はあたたかくても夜は寒く、寒暖の差が激しいこの季節の変わり目に何を着るべきか?ちょっと見た目に重たい冬服をまだ引きずっていませんか?そんな春先のNGファッションをOKファッションに変えるポイントを挙げてみましょう。

暗いカラーのみのコーディネートにさようなら

冬の間は違和感の無かったファッション、特に今年はオールブラックが流行したため、黒ずくめなんてコーディネートも結構頻出でありますよね。でも、ダークカラー多めのファッションは春はNG!とっても重たく見えてしまいます。

春らしいカラフルなアイテムを取入れて軽やかなOKファッションに変えましょう。取入れやすいのは、ストールなどの小物でカラフルなものを身につけたり、カラーが難しいという方は白やベージュといった明るい色味を増やすようにしてはいかがでしょうか。

黒いタイツよ、さようなら

ダントツで冬をひきずるダサ子ポイントになりやすいのがこの黒タイツ。せっかくの春らしいワンピースもコートも黒タイツの「冬感」で台無しです。NG!

春先はタイツ問題に頭を悩ませずに軽やかに済むマキシスカートやパンツスタイルがオススメです。それでも短いスカートを履きたい場合は、カラータイツ、もしくはハイソックスを取入れておしゃれに決めてみましょう。

ここで決して手を出してはいけないのがトレンカ。数年前に流行った便利アイテムですが、いかにも流行遅れ丸出しなのでそっとクローゼットの奥にしまうか処分しましょう。

冬の素材ファーやスエードにさようなら

なぜか冬のコートや冬もののバックをそのままにしている方、いませんか?冬らしいファーやスエード、ウールを使ったアイテムを未だに着用している方。NGです!

特にコートは春ものに変えて行く人も多いのですが、何故か春らしいトレンチコートにポンポンファーがついたバックやスエード生地のパンプスを合わせてしまう残念なパターンが。小物はうっかりしがちな点です。バックや靴で季節感が強すぎるものは、そっとさよならして。

むしろ今から先取りしてかごバックや、エナメル素材のパンプスやバックを取入れてみては?軽やかな素材で、小物から季節感を先取りしていると、グッとおしゃれに見えます。

それでも寒いからとNGファッションがやめられないあなたへ

正直、ファッションも大事だけど身体も大事。外見は薄手の軽やかな春服を身にまといOKファッションに変身しても、寒くない!コツを伝授します。

まずは、ストール。必須アイテムですね。ここでも冬のウール素材はクローゼットへしまって、春らしい軽いコットン素材のストールをしのばせましょう。首元をあたためるだけであたたかさは全然違います。

次に腹巻き。お腹をあたためると身体全体の体感温度は格段にあがります。冷え性の女性におすすめ。最終手段はホッカイロ。春につきものの夜桜見物の際にも大活躍です。夜の外出が多い場合の必殺技として使ってみて下さい。

これで、みなさんも冬服を脱却してムリなく春のOKファッションを楽しんで下さいね。

この記事をシェアする

関連記事