• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ファッション雑誌のスタイリングをぬすむ時のポイント

Date:2013.03.08

節約して旅行したり、おいしいもの食べたりもしたいですよね。お金がない!って言っている人の中には、たくさん服をもっていたり、高いブランドの服を買っていたりする人も多いですよね。

せっかくだからバランスよくお金を使いたいですよね。雑誌を活用して安い服も安く見せないコツをお教えします。

服にお金をかけている人の特徴

服にお金をかけて困っている人の特徴としては一つ目が、自分の方向性が定まっていない人です。

いろんな服屋にいってはマネキンが来ているのをみてかわいい!となったら衝動買いなどをしてしまい、家のクローゼットをあけてみれば、服はいっぱいあるのに統一性がないから着回しがきかなくなってしまっています。

もう一つの特徴としては方向性が定まっているんですが、安い服は安く見えるからいやだと思ってブランドの服ばかり着ている人です。収入が多ければ問題ないですが、少ない人はなかなか維持するのがつらいですよね。

まずはなりたい自分を決める。まず初めにやってもらいことは、大きい本屋に行って片っ端から雑誌を見てみましょう。今の自分の年齢や立場も踏まえて、なりたい自分の方向性を決めましょう。友達などに一緒に来てもらってアドバイスしてもらうのもいいかもしれませんね。

そして、方向性がきまったら、そのスタイルに合った雑誌を買いましょう。できるだけ着回し特集がしてあるものがいいでしょう。

まずはクローゼット整理

雑誌を買って家に帰ったらまずは着回し特集をよく見てみましょう。そしてクローゼットで着回し特集に使われているものがないかを確認します。

着回し特集が1ヶ月くらいのものだったら、一度着回し特集にのっているもの以外はクローゼットから出して箱か何かに片付けてしまいましょう。そして、家にないものをリストアップします。携帯やスマホで写メをとっておくといいでしょう。

買い物に行こう

ここまでできれば後は安い服屋に行くだけです。今は外国のブランドも含め低価格なブランドがいくつかありますよね。そういった服屋にいって、足りない服を買っていきましょう。全部そろえられなくてもOKです。できない服の日は箱に詰めた服から使いましょう。

1ヶ月その着回しですれば、低価格な服でもおしゃれに雑誌と同じような恰好ができます。またまったく同じ格好にはなりませんから、同じ雑誌を購読している人と会っても気まずくないですよね。

そういったことを繰り返していると、自分でうまく安い服と高い服をコーディネートすることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事