• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お洒落女子必見!ファッションが素敵な映画からそのセンスを学ぼう

Date:2013.11.07

あなたは、自分が「お洒落をする」時に、何に気をつけていますか?ファッション雑誌などで「流行」に気をつけている、などでしょうか。

多くの女性が陥りがちなのが、「お洒落」イコール「流行」だと思ってしまっていることです。確かに、旬のものや流行色を押さえていれば、お洒落に気を使っていることはアピールできるかもしれませんが、その恰好が必ずしもお洒落であるわけではありません。

むしろ、今シーズンしか切れないような流行もので全身をまとっていれば、「お洒落」というよりも自分のセンスがないととられてしまうかもしれません。

では、本当の「お洒落」って、どういうこと?そんな疑問を解決するために、「お洒落」について考えられる映画をいくつかピックアップしてみました。これらの中から、あなた自身の「お洒落」を見つけましょう。

セックス・アンド・ザ・シティ2

『セックス・アンド・ザ・シティ2』(原題: Sex and the City 2)は、2010年アメリカの映画。テレビシリーズを基に作られた映画『セックス・アンド・ザ・シティ』の続編です。

このシリーズが「ファッションの鑑」としての名高いことは、多くの方がご存じかと思います。ストーリーだけでなく、衣装にも高い拘りがみられる作品です。90年代末に始まったこのシリーズを通してみるだけでも、流行ファッションの流れが感じられることでしょう。

*あらすじ*

前作から二年後の設定。前作で晴れて結婚したキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は結婚から時間を経て落ち着きはじめた夫との温度差にいら立ちや不満を感じていた。仕事に精を出すミランダは職場の上司、そして夫とも上手く行っていなかった。

52歳になったサマンサは、心は若くとも身体の老化を実感せずにいられなかった。2人の子どもを抱えるシャーロットは子育てに翻弄され、また若いベビーシッターと夫の浮気を懸念する。

4人それぞれが悩みを抱える中、アラブの富豪から仕事を依頼されたサマンサが、仕事のついでとして4人で旅行に行くことを提案する。

リゾートを満喫する彼女等だったが、キャリーは昔の恋人エイダンと、“地球の裏側で会うなんて運命としか思えない”再会を果たす。思いがけない再会に動揺・喜びを抑えきれないキャリーはついに二人で食事の約束をしてしまう・・・。

さて、今回映画一作目ではなく、あえて二作目を選んだのは、ぜひ注目していただきたいポイントが2つあるからです。

一つは、4人のリゾートファッション!お洒落好き女子は見ているだけでわくわくするようなファッションです。リゾート地でリラックスしつつも、それぞれの個性が出ている衣装は見事なものです。

二つ目は、ラストシーンで現地の女性たちと交流するシーンです。ニューヨークではお洒落を思いっきり楽しんでいる4人が、服装の自由はなく姿を隠さなくてはならない現地の女性たちという対象的な女性と出会い、どう思うのでしょう?

そして、現地の女性たちの「ファッション」や「お洒落」への想いとは一体どんなものなのでしょうか?是非、この作品を見て考えてみてください。

ポリー・マグー お前は誰だ

先ほどの作品とは全く違った雰囲気の作品です。『ポリー・マグー お前は誰だ』(原題: Qui êtes-vous, Polly Maggoo?)は1966年フランス映画です。

ある売れっ子モデルに焦点を当て、彼女と彼女を取り巻く社会を描いた作品です。監督ウィリアム・クラインはアメリカの監督ですが、活動は主にフランスで行っていました。

この作品は彼のデビュー作であり、当時彼は実際にファッション誌の大御所ヴォーグでファッション写真を撮っていたそうで、この作品で描かれているファッション界は実際に彼がふれていた世界に近いものでしょう。

*あらすじ*

舞台はパリ。当時世界的に意識されていた「宇宙」を象徴とするアルミに身を包むモデルたちがファッションショーを彩る。その中でも注目を浴びたのが、ポリー・マグーというモデルだった。

ある東欧の王子は、彼女を一目見て気に入り、求婚するためにパリを目指す。このことで王子はマスコミの注目のネタとなってしまった。

テレビ局は、ポリー・マグーに目をつけて「お前は誰だ?」というドキュメント番組を作る。こうして超人気モデルであるポリー・マグーの姿に迫っていく。

売れっ子モデルの素顔。そこにカメラがなければ、普通の女の子と変わらないはずのポリー・マグーを有名人にしているのは一体何なのか。ポリー・マグーの「素顔」とはそもそも何のことなのか。

モデルが自らを飾り立て、身を包むファッションと、自分自身の像との狭間で何を思うのか。「ファッション」について考えさせてくれる作品です。

「メイク」をすること、「お洒落」をすること、自分を飾ることに対して、やや哲学的な問いかけをする本作品を通して、きっとあなたも考えさせられることでしょう。

いかがでしたでしょうか?「お洒落」について、雑誌を読んだり、流行ものを買ったりすることはけして悪いことではありません。ですが、それだけでは「お洒落」な人にはなれないでしょう。

「お洒落」をすることや「ファッション」とは何か?これらの作品が自分なりに考えてみるきっかけとなれば幸いです。流行を追うだけじゃない、本当に「お洒落」な人を目指して、がんばりましょう!

この記事をシェアする

関連記事