• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ぽっちゃり、筋肉質、やせ気味。おしゃれになれるファッション術

Date:2014.06.06

何事にも完璧、というものがないということはこれくらいの年になれば身にしみてわかっていることでしょう。しかしながらファッションに関しては、不完全でぱっとしないスタイルよりは、エレガントに、グラマラスに、少しでも良さそうに見せたいと思うのが女心。

ランウェイのモデルたちの服はあたかもスキニーな女性たちのためだけにファッションが存在しているというような気持ちになりますが、そうではないことも、きっとご存じのハズ。ファッションはすべての人間のためのもの。

ただ、自分の体型に合った服を選ぶスキルを身につけるだけなのです。

ワードローブを味方につけて!

クローゼットを開けて、あなたの服を見渡してみてください。これらは、あなたの秘密兵器。着ることで体重が減るわけではありませんが、選ぶ服やその組み合わせによってあなたをスリムにも、カーヴィーにもしてくれるあなたの味方です。

色、形、素材。様々な要素によって、あなたの印象を自在に変えてくれる魔法の力を持っているのです。

ぽっちゃりさんのファッション術

ぽっちゃりさんのファッションは、大きすぎるものを選ぶとだらしなく見え、小さすぎるものを選ぶと体型がさらに大きく見え・・・という両極端になりがち。

まずは素材選びから。サテンのようなつやのある生地を選びましょう。

デザインは、プリーツ、もしくは大きいフリルを。ジャケットやブレザーはクロップドでウェストの細さに注目させ、ほかのアイテムはあなたの身体を締め付けずにゆったりとしつつ、ボディラインに沿うものを身につけましょう。

もしあまりお腹やヒップを見せたくないという方は、エレガントなロングジャケットやカーディガンがおすすめです。

トップスは、Vネック。あなたの豊かな胸元を見せてください。サイズを気にして、小さすぎるものを買わないこと。お金の無駄になってしまいます。サイズよりも、あなたに優しく寄り添うような服にお金をかけてください。

お腹やヒップを目立たせる服は断固拒否。特に、大きなポケットのついたパンツは・・・御法度です。大きすぎる服は、あなたの身体の大きめの部分をそのまま身体全体に反映させ、本当のあなたより数段大きく見せてしまいます。

もしあなたが豊かなバストをお持ちなら、タートルネックは着ないこと。パンツは、ゆったりしたものを選びましょう。でも、大きすぎないものを。お尻のポケットは小さめのものを選べば、ヒップに注目が行き過ぎるのを防ぐことができます。

筋肉質さんのファション術

ワークアウトで鍛え上げられたセクシーなボディをお持ちのあなた。あなたの身体を見て、羨ましがる人もたくさんいるのでは?せっかくのボディラインを見せない手はありませんよ。あなたの魅力が存分に発揮できるような服を選びましょう。

あなたが上半身に自信があり、特に腕に注目して欲しいと思うのなら、着るべきトップスはノースリーブと、Tシャツです。

デザインは、大胆に。背中が大きく空いたドレスや、オフショルダーなど夜遊びにはうってつけです。鍛えたウェストとヒップライン、お腹も際立たせるのは、ローライズのデニム。ベルトにもこだわってください。

ポケットは小さなものを。装飾がありすぎるのはやりすぎ。シンプルで勝負しましょう。

ハイヒールと合わせれば、よりスタイリッシュに決まります。スリムに見せたい時は、縦に入ったストライプのもの、カーヴィーに見せたい時は、横縞のものをチョイス。

ミニスカートは脚を見せすぎるので、トゥーマッチ。膝丈のものがあなたの鍛えた脚を一番美しく見せる長さです。

痩せ気味さんのファッション術

痩せ気味、つまりスキニーと言えば、多くの女性にとって「完璧」に等しい意味を持つかもしれません。要するに、どんな服でもおしゃれに着こなせる、ということ。しかし現実、痩せ気味さんがおしゃれに見える服を見つけるのは至難の業なのです。

シャープすぎる見た目を和らげるのには、素材やプリントなどのコンストラクトに気をつける必要があります。プリーツスカートとジャケットスタイルのインナーには、ガードルをつけましょう。ガードルであなたの体型をカーヴィーに見せることができます。

トップスは、細いストラップや細かなフリル、シフォンの袖のものでふんわりと。ウェストにリボンがついていれば、柔らかい印象になります。白いパンツが一番似合うのは、スキニーな痩せ気味さんだから。素材やテクスチャーをミックスしたスタイルもおすすめ。

ふんわりとしたスカートやブラウスに、ツイードのかっちりしたジャケットを合わせるのもお手の物でしょう。コルセットは避けてください。そこに収めるべきモノがない、ということを実感するだけです。

ぴたっとするスーパータイトなパンツや暗めの色のボトムスはさけましょう。痩せすぎに見えてしまいます。大きめサイズのものは買わないこと。また、縦縞の服もあなたには似合いません。

デニムを買うなら、ウェストに装飾があるものがいいでしょう。ストレートカットや、ボーイフレンドデニムは最適。もし脚が細すぎることでお悩みなら、ストレッチパンツや黒いパンツは遠ざけて。

体型別のファッション術、いかがでしたか?ご自分の体型を知り、それに見合う服選びをすることで、あなた自身がより輝き、自身を持って人生を楽しむことができます。

そのままのあなたを魅力的に見せるファッションを見つけられたらいいですね!

この記事をシェアする

関連記事