• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝太って見えるのは脳の錯覚?!その仕組みと対処方法

Date:2013.09.06

朝起きて鏡を見たとたん、なんだか自分が妙に太って見える日ってありませんか?それは本当に太ってしまっているのではありません。

私たちがものを触ったときには脳にそのまま情報がいきますが、たとえばおなかに脂肪がついた、体型が変わったという情報は直に脳にその情報が送られるわけではなく、鏡に映った自分や、おなかをつねってみたときの感覚で私たちは判断するのです。

でも、特に視覚は当てにならないことがあり、視覚が間違った情報を脳に送ってしまうことがあるのです。それで別に昨日と本当は体型が変わっていないのに、太ったと感じてしまうという事態が起こります。

そこで、脳の勘違いを以下の方法で直してみましょう。それによって気分がよくなり、自分の体型が改善されたように思えますよ!

1. 赤を身に付けよう

真っ赤な色は大胆な気持ちにさせてくれます。赤を洋服やアクセサリー、ネイル、口紅などに取り入れることで、気持ちが前向きになります。また、心理学の研究では赤を着ている女性は男性に声をかけられやすいとも言いますよ。

2. 身体にぴったりとした服を着る

自分のラインが気になるからとだぶだぶの服を着ると、余計に自分自身が大きく見えてしまいます。逆に、自分の身体のラインをきれいに見せてくれる、身体の線に沿った洋服は強い味方になります。

3. アクセサリーをつける

アクセサリーを付けることはファットデイを撃退する強い味方となります。アクセサリーはいつもどんなときでも同じに見えるのです。ピアスをしてみたり、ネックレスをしてみたり、またはお気に入りの靴を履いてみるなんていうのもいいでしょう。

身体のところどころにポイントを置くことで自分の姿かたちにメリハリをつけることができます。

4. ハイヒールを履く

何かポチャッと見える…そんなときに高さをプラスしてくれるハイヒールを履くことですらっと見せてくれ、更にすらっとなったような感覚にしてくれます。自分の肌とにたような色を選ぶと、足が長く見える効果も期待できます。

ちょっと高いですが、6.5cm以上のヒールを履くと更に細く見える効果がありますので、お勧めですよ。

5. 自分に合ったブラジャーに替える

考えている以上に女性は自分に合っていないブラジャーを着けている傾向にあるといわれています。自分にあったブラをつけることで、バストラインを持ち上げてくれ、すらっとした体系に見せてくれます。是非店員さんに相談してブラを新調してみましょう。

6. ポニーテールをしてみる

髪の毛が長い人はポニーテールでポイントを上に持っていくことで顔を面長に見せる効果があります。

7. 瞑想してみる

何も考えないような状態に身を置く、つまり、瞑想をしたり、ヨガをやったりすると気分転換となります。瞑想を長期間にわたってやることで、自己制御力や情緒安定性を高める脳の部分が発達するともいわれています。

8. だましてみる

嘘をついてだますというわけではありません。自分に自信がない今のファットデイの状態でも、自信満々で胸を張って人と会ってみるのです。その自信満々さが周りの人も巻き込んで、貴女がそう思い込んでいるとおりの自分―つまり太っていない自分としてみてくれるのです。

ハッタリでも自分に自信を持つことでプラスに働きます。是非試してみてください。

いかがですか?目から入る情報と気持ちの持ち次第でファットデイは救えるのです!是非とも「出かけたくない!」なんて言わないで、おしゃれを楽しみ、自信を持って外出しちゃいましょう!

この記事をシェアする

関連記事