• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

フェイスパウダーだけで美肌に見せるとっておきの裏技

Date:2013.11.07

意外と見落としがち!?フェイスパウダーの実力

油分を含まず、肌本来の素肌の美しさを引き立たせる力のあるフェイスパウダーが最近見直され始めています。スキンケアをきちんとおこない、肌の保湿をしっかりと行った上でフェイスパウダーをつけると美肌効果が抜群!

肌にあまり色を付けずに、肌本来の色を生かしながらフェイスパウダーが毛穴の開きを隠してくれるという効果があるのです。

シミやソバカスなどを隠す効果は薄いですが、肌本来の色をいかしながら毛穴を隠す効果は抜群。肌に負担も少ないので、隠す場所がそれほどない、肌全体を素肌っぽく見せたいという人にはまさにぴったりなのがフェイスパウダーなのです。

フェイスパウダーの魅力はナチュラル感!

女優であげるなら、広末涼子さんのようなナチュラルさ。肌と言うより、その人自身のナチュラルなオーラーが伝わってくるような美肌感。そんないつわりの肌ではない演出をしてくれるのもフェイスパウダーです。仕上がりが軽く、肌本来の美しさが見込めます。

透明感があり、自然な仕上がりになるので、汗にも皮脂にもくすまず、くずれないというメリットがあります。油分を含むファンデーションではなかなかこうもいきません。

ファンデーションを付けた後に、仕上げとしてフェイスパウダーをつけるのもよし、ファンデーションを直すときに使うと厚ぼったくならずに使えるのでお薦めです。

フェイスパウダーの上手な付け方の簡単な裏技

フェイスパウダーをパフにとったら、いきなり肌につけるのはおすすめしません。まずは、パフについた余分な粉をはらうときれいに仕上がります。

さらに、毎日使うものなのでなかなか汚れを落とさない人も多いのでは。いちいちきれいに洗ってなんかいられないよ、という人も、必ず1度パフを使ったら落とす習慣をつけることです。

パフは1度使うと、肌の油分を吸い取ります。その油分がどんどん酸化し、さらにフェイスパウダーなどをつけるたびに付着して肌には良い影響を与えません。

1度使ったフェイスパウダーのパフは、すぐに洗って清潔に乾かしておくと言うことがもっとも簡単で美肌に行く近道だと言えるでしょう。

フェイスパウダーは油分を含みませんので、洗うといっても簡単に水でささっと洗い流す程度でも効果はあります。その後にきちんと乾かしておくということが一番の重要ポイントです。

付け方は押すではなくて、丸くすべらせる

フェイスパウダーをぽんぽんとたたきつけるようにつけている人を何度もみかけたことがあります。正しい付け方としては、くるくるとまわすようにすべらせながら肌につけてください。

そうすると、毛穴や肌のきめにうまくパウダーが入り込み、美肌にみせる効果が高まります。これからフェイスパウダーをつけるときには、丸を意識しながら顔全体につけるように心がけてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事