• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

本当はこう使うんだ!フェイスパウダー美肌メイク術と選び方のコツ

Date:2013.10.24

ベースメイクの仕上げに、フェイスパウダーを加えるだけで仕上がりが全く違います。上手に使うと美肌メイクの大きな助っ人になってくれる存在ですが、上手に使いこなせていない方が多いのでははいでしょうか。

今回は、「本当はこう使うんだ!」と納得の、フェイスパウダーを使用した美肌メイク術と、自分にあったアイテムの選び方についてご紹介します。周りと一歩差がつく輝く美肌を手に入れたい方、必見です。

まずは基礎知識から!フェイスパウダーの種類について

フェイスパウダーと一口に言っても、大きく2つのタイプに分けられます。

①ルーセントパウダー:

さらさらとした粉上のフェイスパウダー。リキッドタイプのファンデーションを使った後に、肌の表面を滑らかに見せるために使用します。パフを使用して肌の上に乗せるのが一般的。

②プレストパウダー:

お粉が固められて、固形になっているタイプのフェイスパウダー。お人形のような、マットな質感の陶器肌を目指す方に適しています。ファンデーションに重ねるのなら、一つ明るい色を選ぶのがおすすめ。

今回の美肌メイク術では、二種類のフェイスパウダーを併用して、ナチュラルな艶肌を作っていきます。

二種類の合わせ技がキモ!フェイスパウダーを使用した美肌メイク術

フェイスパウダーを使用する前に、しみやクマが気になるところは、コンシーラーでカバーします。質感を重視したい方は、リキッドファンデーションを全体的に薄く塗っても大丈夫です。

パウダージァンデーションにフェイスパウダーを乗せるのは、崩れやすいのでやめてください。土台が完成したところで、早速美肌メイクを仕上げていきます。

①ルーセントパウダーを顔全体にON

まずは、全体の調整のために、ルーセントパウダーを顔全体に乗せていきましょう。肌に光があたったような状態を演出できて、気になる小ジワや毛穴を目立たなくする効果が期待できます。少しずつ添付のパフにお粉をつけながら、均一になるように乗せましょう。

②プレストパウダーはメイクぶらしで

次に、ブラシを使ってプレストパウダーを重ねます。鉛筆をもつようなイメージで縦にブラシをもったら、顔の内側から外側へお粉をしっかりつけていきましょう。小鼻のところ、目尻など、毛穴をしっかりカバーしたいところは念入りに。

やはりつけすぎるとメイク崩れのもとになるので、薄く均一につけていくのがポイントです。

③仕上げにブラシでさっとなじませる

最後の仕上げとして、何もついていない状態のブラシで顔全体をなでてあげましょう。余分なお粉を落とすことで、メイク仕立ての状態が長続き、色むらも防止できます。

この一手間加えるだけで、顔全体に統一感が生まれ、プロの仕上がりが実感できるので、ぜひ試してみてください。

美肌をねらう!フェイスパウダー選びの3つのポイント

最後に、美肌を完成させるためのフェイスパウダーの選び方を紹介します。自分にあった商品を選ぶときの、参考にしてください。

その1 なるべく粒子が細かいものを選択する

フェイスパウダーは、お肌にフィットすることが絶対条件、なるべく粒子の細かいものを選んだ方がなじみます。具体的には、サンプル品をつけてみたときに、さらさらした手触りのものがいいでしょう。

パール粒子の入ったものだと、お肌の透明感も演出できます。チークの上から重ねれば、子どもっぽくない大人かわいい愛され顔のできあがり。一つ自分にあったものを持っておくと、汗をかいたときのメイク直しにも重宝します。

その2 白浮きしないナチュラル美白肌はピンク系で!

美白に見せたいから、と明るい色を選びすぎると失敗します。表情を明るく見せつつ、ナチュラルさも演出可能なピンク系がおすすめ。日本人の肌は、もともと黄みがかったオークルが多いので、上からさらにオークルを乗せてしまうとくすんで暗く見えがちです。

もちろん個人差はあるので、手の甲で色を確かめながら選ぶ必要はありますが、迷ったときには、ピンクの入ったパールホワイトと覚えておくといいと思います。

その3 てかりが気になるのなら皮脂吸収パウダー配合を

脂性肌で顔のてかりが気になる人は、「皮脂吸収パウダー」の記載がある商品を選択するといいでしょう。「皮脂吸収パウダー」とは、油取り紙にも良く使用される成分で、過剰に分泌されてしまったお顔の皮脂を取り除く効果が期待できます。

ベースメイクに取り入れると、メイクののりが良くなるので、化粧崩れの予防にも。皮脂が詰まったまま放置してしまうと、イチゴ毛穴やニキビの原因になります。日々使用するフェイスパウダーで、肌荒れの原因をブロックできれば安心ですね。

この記事をシェアする

関連記事