• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

化粧崩れしないだけじゃなかった!夏の湿疹肌荒れ予防にもフェイスパウダー有効!

Date:2013.10.21

暑くなると汗をかくのでお化粧直ししたいと思っていても、なかなか忙しくてできなかったりします。また紫外線が強いので日焼け止めも塗り直しできなかったり、夏ならではの悩みが出てくるシーズンに入ってきました。

しかし…もっと深刻なのは、汗疹などの湿疹がでる敏感肌の方には、お化粧すらできなかったりしますからつらい時期を迎えています。もちろん診察してもらうのが最善かもしれませんが、出来るだけ刺激を与えず化粧して皮膚を守ってあげれるならよいと思われませんか?

注目アイテム、フェイスパウダー!

実は定番化粧品になりつつあるフェイスパウダーが高い評価を得ています。

フェイスパウダーは基本的に肌のキメをそろえ綺麗にみせたり、化粧崩れしないように使われたりするために使われますが、使い方によっては肌を守るプロテクターの働きをさせながらも綺麗にみせることができます。

様々なブランドがフェイスパウダーをパウダー状のもの(ルース)と固形のもの(プレスト)を出しています。

どちらのタイプも使い心地良いアイテムなので好みで選べますが、使用する順によってはパウダー状のものの方が肌のりの時間が長く感じられるかもしれません。いつもどの順番で化粧をしていますか?まずは基礎から見直しましょう。

フェイスパウダーを有効的に使うために

敏感肌の方は、腕や首に湿疹が出てくると口や目のまわりにも湿疹や乾燥の症状が出てくるかもしれません。香料のない低刺激な化粧水を時間をかけて吸収させて水分を与え、クリームの代わりに乳液などローション系のもので蒸発を止め乾燥を防ぎます。

そしてファンデーションなど塗っていくと思いますが、ベースクリームに日焼け止めに…と何種類も塗り重ねていくのはあまりオススメできません。

なぜならクレンジングの際、敏感肌の方やトラブルをかかえている肌には、さらに刺激を与え悪化させてしまう可能性があるからです。

紫外線をブロックする効力も!

ファンデーションの後にフェイスパウダーをゆっくりおさえるようにつけていきます。フェイスパウダーの種類は顔の色気をよくさせる3、4種類の色の配合させているものもありますが、さらにミネラルが含まれているものが良いかもしれません。

フェイスパウダーをつけているだけで水分の蒸発を抑え余分な油分を吸収してくれるので、プロテクターの役割をしてくれるのです。

また粒子が紫外線をはねかえす働きもするため、日焼け止めクリームの使用ができない方は、こまめにパウダーを付けておくと塗ってない状態よりは日焼けを抑えるようなので覚えておくとよいでしょう。

夏の方がお肌にトラブルがでる方は、フェイスパウダーを積極的に試してみるのはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事