• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

フェイスラインが気になったら・・・背中から始める、簡単たるみケア

Date:2013.06.04

shutterstock_102010201

お顔のたるみケアというと、エイジングケア化粧品やマッサージなど、お肌のお手入れがが主流。でも、お手入れだけではなかなか効果が出ないのなら・・・。実は頭皮や背中から、たるんでいるのかもしれません!

「頭皮がたるむと、お顔もたるむ」といいますよね。お顔は頭皮とつながっていますし、頭皮は首と、首は背中とつながっています。

背中、首、頭皮、とほぐしていく事で、お顔のたるみや美肌対策にもなります。自分で簡単にできるケアで、すっきりフェイスを手に入れましょう。

背中のストレッチ

首から背中にかけて広がっている「僧帽筋」という大きな筋肉。この「僧帽筋」は、お顔の筋肉を上に引っ張っている、ありがたい筋肉なんです。

猫背の人や、肩が上がって首が短い人は、僧帽筋に力が入っていない状態。そうなると、お顔全体が前に下がり、たるみます!背中や肩甲骨周りのストレッチで、背中からお顔を引き上げましょう。

①肩甲骨を意識しながら、肩を大きく後ろにぐるぐる回す。10回程度。
②手を後ろで組んでぐっと伸ばし、そのまま上に上げる。肩甲骨を近づけ胸を開くイメージです。顔は、あごを天井に向かって上げます。

背中にたるみを流すストレッチです。仕事の合間などでも肩のコリを感じたらやってみて下さい!

首をほぐす

首にはあらゆる神経や血管、リンパ管が集中しています。ココがこると、全身に悪影響が出ます。

①首を上に伸ばして長くし、肩は出来るだけ下げる。
②ゆっくり回す。左右5回ずつ

頭皮をほぐす

ストレスがたまったり 肩や首が凝ると頭皮の血行も悪くなります。髪のすき間から頭皮を見たとき、赤い人はかなり重症です。健康な頭皮は青白いもの。頭にはたくさんのツボが集まっているのでしっかりほぐしましょう。

①ブラッシングをする。

頭頂部に向かって、引き上げるようにブラッシング。専用のスカルプブラシか、クッションの効いたブラシを使います。

②手でほぐす。シャンプー時にすると楽ですよ。

頭皮を指の腹でつかむように、ポンポンとマッサージ。その後、頭皮を引き上げるように頭頂部で持ち上げます。

顔をほぐす

かっさプレートやコロコロローラーでマッサージ。無ければスプーンでもOKです。手でもマッサージはできますが、プレートを使う方が摩擦が少ないのでオススメ!クリームなどをたっぷり付けてから行います。

①こめかみや、フェイスライン沿い、噛みあわせの所には、老廃物がたまりやすい。ちょっと痛いくらい、グリグリほぐします。
②耳の下に向かって、老廃物をを流しこみます。

顔の筋肉を鍛える

皮膚は筋肉の上に貼りついているので、筋肉がたるむと顔もたるみます。日本語は口の筋肉をあまり使わないでも話せる言語なので、意識的に筋肉を鍛える必要があります。

①大きく口を開けて、ア行からラ行まで言う。
②満面の笑みを1分キープ!

お店に行くと、顔筋を鍛えるグッツがありますし「顔ヨガ」をするのもオススメです。いずれも乾燥した肌でするとシワになるので、しっかり保湿をしてから行います。たるみのないスッキリしたフェイスラインを手に入れて、マイナス5歳を目指しましょう!

この記事をシェアする

関連記事