• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

まずは種類を知ろう!お花の資格を取得して目指せ女子力アップ

Date:2014.10.25

お花は存在感があり、美しいですね。殺風景な場所にお花を飾るだけで、周りがぱっと明るくなります。また、女性らしい、華やか、可憐、清楚など、さまざまなプラス印象を持ち合わせています。

お花に関する趣味をもっていると、男性からも一目置かれる存在になります。女子力アップのためにも、お花の資格を取ってみませんか。

お花の資格を取るとこんないいことが!

お花に関する資格はたくさんあります。それを取ることでどんなメリットがあるのでしょうか。

お花に関する知識が身に付く

お花に関する資格はさまざまです。全てに共通して言えるのは、お花の知識が身に付くことです。花の種類や名前、花言葉、産地、旬の時期などが覚えられます。それを知っていると、ちょっとしたことに役立ちます。例えば花束をプレゼントするのに、その知識を生かせます。

自分の結婚式にも役立つかもしれませんよ。花嫁さんの持ち物に、ブーケは必須ですね。ブーケを作るのにも、自分で花の種類や花言葉を知っていると、便利なのです。使いたい花やデザインを選びやすくなりますよ。

女性らしいと思われる

美しい女性=花が似合うと世間一般は思っています。お花の資格を持っている、趣味としているだけで周りから女子力が高いと思われるでしょう。お見合いや合コンの時にも、あなたの好感度を大幅アップさせてくれるでしょう。

飾り方を学べる

お花をプレゼントされたことがありませんか。それを自宅に持ち帰って、花瓶に移し替えたことがあるでしょう。花束のときはきれいだったのに、生けたらその美しさが半減したことはないですか?

お花は飾り方や生け方次第で、見え方が変わってくるのです。お花の生け方や飾り方について知っていると、自宅でもきれいに飾り付けできます。

教室が開けるかも

お花の資格を持っていると、生徒さんを持つことも可能です。師範、先生の資格を取得すれば、教室開催も夢ではありません。大好きなお花の仕事に関われます。

お花の資格について

何となくお花の資格に興味があるけれど、何の資格をとったらよいのか迷いますね。有名なお花の資格をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

フラワーアレンジ系の資格

花の資格の王道といえば、フラワーアレンジメントです。それに関する資格は、複数存在するのです。

①フラワー装飾技能検定
3級から1級まで段階のある国家資格です。花に関する知識を問われる学科試験と、実技試験により構成されています。国家試験という強みはありますが、花屋さんを経営するのに必ず必要というわけではありません。

②フラワーデザイナー
日本フラワーデザイナー協会が実施する資格です。日本でフラワーアレンジメントの資格といえば、これが最も有名です。複数あるフラワーアレンジ系の資格中でも、文部科学省の認定を受けているのは、これだけなのです。

こちらの資格も3級から1級のグレードに分かれています。1級を取得するとフラワーデザイナー講師としての道が開けるのです。その資格を取得すると、協会公認のスクールを開くことが可能になります。

この資格を取るためには、日本フラワーデザイナー協会が主催するスクールに通わなくてはいけません。そこで所定の単位を納めた者だけに、受験資格が与えられるのです。

生け花

日本の伝統的な生け花もお花の資格としては、定番ですね。お花には流派があります。

①草月流
日本でも有名な流派のひとつです。段階に応じて、免状が与えられます。師範まですすむと講師として教えられるようになります。

②池坊流
こちらも日本で有名な流派のひとつです。こちらの流派も、段階に応じてお免状があります。メリットはお免状がとれるところが、たくさんあること。フラワー関係の専門学校だけでなく、自宅で教室を開催している方も大変多くいらっしゃるからです。

まずは体験してみよう

興味のあるお花の資格が見つかったら、体験レッスンを受けてみましょう。どこの教室やスクールでも行っているはずです。教室やスクールに連絡をし、日程を教えてもらいます。

そして体験レッスンの予約をします。その時に必要な物、料金がかかるのかどうか、会場までのアクセス方法を確認しておくといいですね。

実際に体験してみて、楽しそう、やってみたいと思える資格に出会えたら、資格取得にチャレンジしてみてください。

この記事をシェアする

関連記事