• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生理前止まらないのは食欲だけじゃない!不安感を止める方法とは

Date:2014.08.28

女性と生理は切っても切り離せないものです。そんな生理の悩みでよくあるのが生理前の食欲の増加ですね。でも、食欲ではなく不安感が募ってしょうがない…という悩みを抱える女性も少なくはありません。

ここでは生理前の不安感を抑える方法をお伝えします。

不安感は、まず人には伝わらないことを知りましょう

生理前に大きな不安感に襲われる女性ってとても多いですよね。残念なことにこの不安感というものは、具体的な体の症状として現れるわけではないので他人に訴えても伝わりづらいという特徴が挙げられます。

また、会社や所属先の上司にその旨を相談しようにもその相手が男性ですと相談どころではありませんし、万が一相談してみたとしても「男にはそういうの分からないからさ…」で終わってしまう可能性のほうが大きいですよね。そう、男性にはきっとわかりません。

また、生理前に不安にならない女性というのもいます。だから生理前に不安感に襲われる女性の悩みはなかなか世間では認知されないという傾向にあるのかもしれません。

「ちょっと生理前で気持ちが不安定で…」と言ったときに「そんなの気の持ちようだよ、しっかりしなさい」と同性に言われてしまったという経験をしたことがある人もいるでしょう。

開き直りましょう。まず、生理前の漠然とした不安感は、本人以外の誰にも伝えることができません。伝わったとしても正確に、細部に至るまでは伝えられないですよね。そのへんのことを割り切ってみましょう。

「不安感を伝えたい」という気持ちの根本には「私の不安をわかってほしい」という心が隠されています。ですが、他人があなたの不安をすべて受け止めることは不可能です。

まずはそのことを把握して、「この不安が誰にも理解されないのは当然か」というくらいあっけらかんとした姿勢で構えることが大切です。

「三日経てば楽になる」と考えるようにしましょう

生理前の不安時期は、その不安が永遠に続くのではないだろうか…と考えてしまい、ますます気分が沈んでしまいがちですよね。

ですが、その不安はずっと続くわけではありません。せいぜい続いて三日から四日。生理が始まってしまえば、「あの不安感は一体なんだったの」と思うくらいケロッとしてしまう女性もいるくらいです。

得体のしれない不安に襲われたときには、「今は苦しいけど、三日後には楽になっているはず」と自分自身に言い聞かせてみて下さい。

その期間だけは、ネガティブな友人とは会わないように心がける

あなたには妙にネガティブなことを口にする友人がいますか?

例えば何かを相談したときに「それはダメだよ、絶対にうまくいかないよ」、「どうして将来のことをちゃんと考えないの?もう夢見ている歳じゃないでしょ」という具合になぜかネガティブな発言ばかりの友達…。こちらはただ世間話がしたくて話しているのに余計に気分が悪くなってしまうような相手…。

生理前の不安感に襲われている時期には、こういった友人と会うのはあまりよくありません。電話をするのもなるべく控えましょう。

あなたが不安なときに、相手がネガティブなことばかり言ってくるという事は、あなたの中で不安が増大する恐れがあるということです。

不安な時期に人に会うのなら、なるべくポジティブな考えの人と会うようにしましょう。ポジティブな人と会うと、自然と会話も明るいものになっていきます。あなたの不安に対しても否定的な発言をされることもないでしょう。

無理に明るい気分になろうとしなくていい

強い不安に襲われたとき、無理に明るい気分になろうとする人もいるようです。

具合が悪いのに無理に予定を詰め込んで、余計なことを考えなくて済むようにしてみたり、不安に襲われているのに無理に友人とはしゃぎ倒してみたり…。

こういうことをしてしまうと、はしゃいだあとの反動でますます不安に襲われることになってしまいます。不安な時期は、無理に明るい気分になろうと努めるのはNGです。逆効果です。

大切なのは、その「不安な気分」に自分自身がどう寄り添うかということです。

例えば失恋したときに、明るい曲を聴いて気分を上げようとするのもいいかもしれませんが、あえて失恋ソングを聴いて号泣し、そのあとはすっきりできる、という話はよくあることです。それと同じこと。

不安な時には思いっきりしっとりとした曲を聴いたり、泣けるような曲を聴いたり、涙を誘うような映画を観るのもいいかもしれません。

その気分にどっぷり浸ることで自分の気持ちの根本に向き合うことができます。

不安と上手に向き合う

不安から逃れるというよりも、不安とうまく付き合うという事が大切です。無理に逃れようとせず、数日後には楽になっているであろうことを意識して、上手に向き合ってもらえれば幸いです。

生理前に不安を抱えている女性が、少しでも楽になれますように。

この記事をシェアする

関連記事