• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

付き合い始め?長い付き合い?今の彼との恋愛関係を深める秘訣

Date:2014.11.21

「素敵な男性に巡り合うのは時の運」…というのを良く聞きますが、それでも人の集まりそうな場所に出向いたり、独身の男性を知っていそうな人にそれとなく尋ねる事をしている女性の方がやはり、男性に出会う確率は高いのです。

この事を考えると、付き合い始めた2人の恋愛関係も「なる様にしかならないし…」と決めつけるのは間違っていて、恋愛や結婚もあなたの行動や彼に対する態度次第で良くも悪くも変えられるという事になります。

2人の恋愛ステージを見極める

まずは自分達2人が今どんな恋愛関係にあるかを知る事が第1です。

そこで、以下の3つのステージに自分達の恋愛を当てはめ、そこから自分にあった彼へのアプローチを探し出しましょう。

毎日ドキドキ、夢のような熱愛期

付き合い初めてまだ間もないカップルにとっては毎日がお互いに取って新鮮で新たな発見。

こんな時期には何をしていても2人の愛は深まる様に思えますが、恋愛関係はココからが肝心なのです。

「彼は私に夢中だから…」と高をくくって、当たり前の様に彼に毎回おごらせるなどの自分勝手な行動は一気に2人の関係をダメにしてしまいます。

同様に彼の気になる行動にも直接「止めて!」と言うのではなく、落胆した表情や、さりげない言葉で意思表示する様にしましょう。

大まかな彼の行動パターンに慣れてきた調整期

自分の生活に自然に彼が存在してきて、安定した恋愛を楽しめる様になる調整期こそ、結婚を含む次へのステップへスムースに進めるかどうかの重要な時期なのです。

大体、彼の気性や性格が分かってきたけど、時々「ん?怒ってる?」や彼の言った事にたいして「どうしてそんな事言うのかな…」と思う事が出て来ます。

彼が怒っている場合には理由を問いただそうとしたり、自分が落胆した時には彼を傷つけない様にと何も言わないでやり過ごす心の余裕があるのもこの時期です。

大切なのはこの「あら?」と思った時の2人の行動パターンを観察して覚えておく事です。

パートナーとしての意識をもって“責任”&“義務”の時期

この時期に入っているカップルのほとんどは既婚者で、自分の行動や言動が相手のライフスタイルに深く関わっている事も知っているのです。

「愛している」なんて言葉も「今更言わなくても…」に変わってしまいがちなので、彼を思いやる気持ちで貴女の愛情を伝える事が大切になってきます。

また、この時期になると怒り・ケンカのパターンが決まり出し、生活の責任や義務を果たす為に相手に対しても厳しくなり過ぎる傾向が強くなるのもこの時期なので、まずは自分から思いやりを持つ事が重要です。

あなたの発言に対する彼のリアクションを知る

いずれの恋愛ステージでも、一番大切なのは相手のリアクションを知り、覚えておく事が大切です。

例えば、彼の親友や仲の良い同僚の前で彼と腕を組もうとしたら、避けられた時には「何で!避けるの!」と後で彼に抗議するのではなく、彼のその行動に注目して、日記等に書きとめて覚えておきましょう。

逆に彼が重要なプレゼンをする30分前に電話やメッセージを入れて励ましたら、後で「とても嬉しかった」と感謝されたらそれも、シッカリと覚えておきましょう。

2人の“愛情”を感じる行動を強化する

なぜ、そんな自分の感情を抑えてまで、冷静に彼のリアクションを観察・記憶する必要が有るかというと、その情報を使って自分の行動を意図的に変えるためです。

「意図的になんてちょっと…」と思われるかもしれませんが、恋愛はかけ引きです。

好きと言う感情だけでは熱愛期のみで終わってしまいます。

よって、読み取った彼のリアクションを元に彼が喜んだ、あるいは自分からの愛情を感じて貰えた行動に関しては、率先してする様にし、彼がドン引きした言動は控える事で、2人の愛情を深める行動を強化するのです。

そして、彼が嫌がった行為(彼の友人の前で腕を組むなど)を、もし貴女は彼にして欲しいと願うのでしたら、ぜひ自分の友達の前でさりげなく彼に寄り添って、腕を組んでみて下さい。

そうする事で、この行動を彼にアピールすると共に彼のその行為に“慣れさせる”きっかけにもなるのです。

2人の関係を変えたいのなら、自分がまず変わる

2人の愛を深める行動の強化は、もちろん自分から始めなければ何も変わりません。

恋愛関係も後期で必ず言い争いになるパターンが出来てしまっていたら、それを壊す努力が必要です。

例えば、いつも残業が続くと「残業で疲れてるんだ!」と言われると「私だって、家事と仕事と両方しているのよ!」と言い返すところを、「そうね、残業が続いているから疲れているのよね、早く休んだ方が良いね?」と言い換える。

そして、「でも、週末の買い物は重い物が多いから付き合ってね?」と怒りのスパイラルにハマるのを回避しながらさりげなくお願いをしましょう。”

この記事をシェアする

関連記事