• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

角質ケアして透明感UP!拭き取り化粧水の効果を引き出す使い方

Date:2017.02.07


「拭き取り化粧水って洗顔後すぐに使うの?」
「それともメイクを拭き取るクレンジングの代わりに使うの?」

拭き取り化粧水は名前は知ってはいても、いつどうやって使えばいいのか、よく分かっていない場合も多いのではないでしょうか。

拭き取り化粧水を使えば、肌の細かな汚れもしっかり落とすことができて、肌の悩みやトラブルも解消できるかもしれませんよ。

拭き取り化粧水の特徴や正しい使い方をご紹介しますので、ぜひ日頃のスキンケアに取り入れてみてください。


拭き取り化粧水の特徴やメリット

そもそも拭き取り化粧水とはどのようなものなのでしょうか。普通の化粧水と何が違うのか、その特徴やメリットなどをまとめました。

毛穴汚れを取るもの

拭き取り化粧水は、

  • クレンジングで落としきれなかったメイク汚れ
  • 毛穴に詰まった脂汚れ
  • 古い角質

などを拭き取って落とすための化粧水です。

普通の化粧水は肌に水分や栄養を与えるものですが、拭き取り化粧水は「取り除く」ことが目的なんですね。

細かなメイク汚れなどが残ったままにしておくと、それが肌トラブルの原因になってしまいます。

汚れをしっかり落とすことができれば、肌を健康な状態に保つことができますね。

古い角質層を拭き取るもの

フルーツ酸などが配合された拭き取り化粧水には軽いピーリング効果もあり、古い角質層を拭き取る「角質ケア」をすることもできるんです。

でも、ピーリング化粧品と比べて作用が穏やかである、というのもメリットの一つです。

古い角質が残ったままだと、肌の表面がゴワゴワしてキメの粗い肌になったり、ざらつきがあってくすみの原因に。

また、皮脂と混ざり合って角栓を作ったりするので、毛穴の詰まりの原因にもなります。角栓が酸化すると黒ずみや大人ニキビの元になるので、ニキビケアとしても有効です。

余分な角質層を落とすことで、肌のターンオーバーを促進して肌のくすみを改善し、透明感がアップします。

ターンオーバーが正常化することで、化粧水や美容液などの浸透も良くなり、肌がふっくらするので毛穴が目立たなくなる、という効果も!

肌表面のメラニンまで拭き取ることができるので、シミの予防にもつながり、美白ケアまでできてしまいます。

収れん効果で毛穴も引き締める

アルコール(エタノール)などが入っているものは、べたつきを解消し、毛穴を引き締める効果もあります。

毛穴を引き締めてからしっかり保湿すれば、過剰な皮脂分泌も抑えられるので、ニキビの予防にもつながります。

ブースター(プレ化粧水)として使える

余分な角質層や肌の汚れをしっかり落とすことによって、その後に使う保湿化粧水の浸透力を高める働きもあります。

浸透が良くなれば角質層がしっかり潤うので、肌のバリア機能を高める効果も期待できます。

拭き取ると同時に、導入化粧水の役割もあるんですね。

拭き取り化粧水は朝と夜の使用、どちらが効果的か

拭き取り化粧水は、朝と夜、どちらで使った方が効果的なのでしょうか。それぞれ目的が違うので、肌の調子などを見ながら使ってみて下さい。

朝は寝ている間の汚れを取る

夜寝ている間も、汗はかいていますし、毛穴から皮脂も出てきます。

特に汗ばむ季節は、朝起きたら顔がべたべたになっている、ということもあるのではないでしょうか。そんな時は朝の洗顔後に使うといいですよ。

もしくは、洗顔料の代わりに拭き取り化粧水を使うこともできます。

たっぷり泡を立てて洗顔、なんてことをしている時間がない日は、拭き取り化粧水で洗顔してしまいましょう!

夜は1日の汚れをしっかり取る

メイクをしている人は、夜に使うのもいいですね。

クレンジングでは落としきれない汚れもしっかり落とせますし、スペシャルケアの効果を高めるものとして使うことができます。

特に、パックなどをする前に使うと、美容液などの浸透がよくなりますよ。

拭き取り化粧水の肌質にあった選び方

ただ拭き取るといっても、配合成分によって適したお肌が違います。配合されている成分によっても若干働きが違いますので、自分の肌タイプにあったものを選びたいですね。

肌がべたつきがちな脂性肌やニキビ肌

オイリー肌やべたつくニキビ肌をすっきりさせたい時は、

  • エタノール
  • AHA酸(フルーツ酸)

などが配合されたものを使うと、お肌がさっぱりします。

保湿も大切な乾燥肌や敏感肌

乾燥肌や敏感肌の人は、汚れや角質を落としながらも保湿はしていきたいので、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

などが配合された拭き取り化粧水がおすすめです。

エタノールはできるだけ少ないものを選びましょう。

拭き取り化粧水の正しい使い方を知りたい!

拭き取り化粧水の効果は分かりましたが、大事なのは使い方!化粧品というのは正しい使い方をしないと効果が半減してしまいますからね。

拭き取り化粧水を使う順番

拭き取り化粧水は使う順番も大切です。基本的には「洗顔をした後」です。朝使うなら洗顔後、夜はクレンジングでメイクを落とし、洗顔をした後に使いましょう。

  1. (クレンジング)
  2. 洗顔
  3. 拭き取り化粧水
  4. (パック)
  5. 化粧水
  6. 乳液

の順番です。

もし乾燥が気になる場合は、拭き取り化粧水のあとに保湿化粧水をつけてからパックをしてもいいでしょう。

拭き取ったあとは必ず保湿する

保湿化粧水を使わないと肌が乾燥してしまい、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

拭き取り化粧水を使ったあとは乾燥しやすくなっていますから、すぐに保湿効果のある化粧水と乳液(またはクリーム)で保湿しましょう。

乾燥肌の人だけでなく、普通肌の人ももちろん保湿は大事なので、これだけはお忘れなく!

コットンを使って拭き取る

拭き取り化粧水は手で付けても効果は得られません。必ずコットンを使って拭き取ります。

このとき使うコットンは、できるだけ柔らかいコットンを選んだ方が肌にやさしいですよ。

さらにひと手間!コットンを1度濡らして軽く絞ってから拭き取り化粧水を染み込ませると、よくなじんで肌に優しくなります。

肌の表面を優しく拭く

保湿したり引き締めたりする化粧水とは違うので、コットンになじませたら、肌の表面を優しくなでるようにして拭き取ります。

コットンを中指と薬指の上に乗せ、人差し指と小指でコットンの両端を挟むようにして持つと、肌に触れる表面積が大きくなって拭き取りやすいですよ。

拭き取り化粧水を使う時の注意点

せっかくの拭き取り化粧水の効果を高められるように、使い方の注意ポイントをお伝えしておきましょう。

炎症ニキビがある時は使わない

白く膿んでいたり赤く炎症を起こしているニキビがある時は、拭き取り化粧水の刺激がよくない場合があるので、ニキビを治してから使うようにしましょう。

肌をこすりすぎないこと

毛穴をキレイにしたいあまりに、コットンでごしごしこすってしまっては逆効果。

拭き取り化粧水は皮膚をきれいにする、余計な角質を落とすなどの効果がありますから、こすりすぎると肌に負担をかけてしまいます。

軽く拭き取る程度にして、ごしごしこすらないように気をつけて下さいね。お肌が弱い人は特に注意です。

使い過ぎはNG!使用頻度に気をつける

拭き取り化粧水はその名の通り「拭き取る」ためのもの。汚れが気になるとき以外は使わなくてもいいものです。

ですから、もし毎日使うなら朝か夜どちらかにした方がいいですし、

  • 敏感肌
  • 乾燥肌

の人は毎日使わないほうがいいでしょう。

または、小鼻の周りなど汚れやすいところだけ使って、乾燥しやすい頬は使わない、など部位ごとに使い分けをしてもいいですね。

ピーリング化粧品とのダブル使いはしない

ピーリング石鹸やピーリングジェルなどと一緒に拭き取り化粧水を使わないこと!

ピーリング効果のある化粧品での重複ケアは角質や必要な皮脂まで取り除きすぎてしまい、「ビニール肌」のようにバリア機能が低下した肌になってしまいます。

ビニール肌とは
ピーリングのしすぎや誤った洗顔法で角質層がはがれ、キメがなくなってしまった状態の肌。油分が足りないので、洗顔直後からテカテカしてしまう。
過剰に皮脂を取りすぎないように、ピーリング化粧品を使った日は拭き取り化粧水はお休みして下さい。

使い方を守ってワンランク上の美肌を手に入れましょう

拭き取り化粧水の正しい使い方について解説してきました。

使い方を間違えると、かえって肌を乾燥させてしまうので注意が必要ですが、正しい使い方をすればスキンケアの効果を高めることができる素晴らしいアイテムです。

お肌に汚れが残っているということは、あらゆる肌悩みの原因になります。

その日の汚れはその日のうちにしっかり落とし、その後に使う基礎化粧品の効果を高めることができれば、これまでの何倍もの美容効果が得られることになります。

この記事をシェアする

関連記事

コメント