• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

不妊の原因は卵巣年齢、実年齢より高い女性が増えている理由とは

Date:2014.04.06

ここ数年、不妊治療などを取り上げたテレビ番組などが増えています。これは治療方法や妊娠方法を紹介したものがほとんどで、不妊の原因というものはあまり取り上げられていることがありません。

不妊の原因はいろいろとありますが、今、増えているのが卵巣年齢にあると言われています。この卵巣年齢とはどういうものなのでしょうか。

不妊治療の前に受ける卵巣年齢検査(AMH)

不妊治療を受ける前に自分の卵巣がどういう状態なのかといった検査を受ける女性が多いと言われています。それは子宮内膜症や卵巣がんといった病気がないか、そして卵子がどのくらい残っているのかといった検査なんだそうです。

特にこの卵巣年齢・卵子がどのくらい残っているかといった検査(AMH)が大切になってくるんだそうです。この卵巣年齢検査は血液検査から分かるそうで、金額も7000円から高くても3万円程度で受けることができます。

こういう検査を受けないで不妊治療に入る人もいるようですが、不妊治療の場合、1度の治療で数十万円かかるのでまず自分の卵巣の状態を知って不妊治療を受けるかを決めるという方法もあるそうです。

原因1.卵巣の病気・手術

卵巣というのは負担をかけると年齢が上がると言われています。なので卵巣の病気や手術を受けたことがあるという人はやはり卵巣年齢は上がってしまうそうです。そのためにこまめに卵巣や子宮の検査は受けておいた方がいいんだそうです。

特に最近では若い世代の卵巣や子宮の病気・手術も増えているそうなので、手術や病院の検診を受けている時に卵巣年齢も調べてもらうといいようです。

原因2.喫煙

意外に知られていないのが喫煙です。喫煙することでどうして卵巣に影響があるの?と思っている人も多いようですが、タバコに含まれる成分が卵巣を老けさせてしまうんだとか。

このタバコは自分が吸っていなくても旦那さんや彼氏が吸っている副流煙でも卵巣の老化に繋がるので、もし子供が欲しいと思っている夫婦で旦那さんがタバコを吸っているという家庭は注意が必要です。

タバコを吸っている場合、卵巣は実年齢より5~10歳老けていることが多いらしく、現在吸っていなくても過去吸っていたという人は卵巣が老化している可能性があるようです。

原因3.過度なダイエット

女性なら誰でも1度はチャレンジしているダイエット。このダイエットも卵巣を老けさせる原因になります。特に太っていた人が激ヤセすることがあります、これが卵巣にはよくないんだそうです。

太っているのもよくないですが、激ヤセも卵巣にはよくありません。もしダイエットをするのであれば急激に痩せるのではなく、じっくり時間をかけて徐々に痩せていくことが大切なんだそうです。

体重の増減が激しいと月経のリズムが狂うことがあります。これが卵巣に負担をかけて老化につなげているんだそうです。

原因4.ストレス

ストレスを溜めるのもあまり卵巣にはよくないんだそうです。ストレスが溜まって自律神経が乱れると月経リズムが崩れます。そのくらいストレスは卵巣や子宮に負担をかけているんだそうです。

といってもどのくらいストレスが溜まったら危ないか分からないですよね。なので「ストレスが溜まったから発散する」といった方法ではなく、毎日寝る前に気分をリラックスさせて気持ちをリセットすることが大事になってくるそうです。

卵巣年齢を侮ることなかれ!

実際に妊娠をしたいと思った夫婦が不妊治療の前にこのAMHを受けた時、30代の女性が卵巣年齢が50代だったり閉経目前だったという話を何度か聞いたことがあります。

実際に私の知人にも卵巣年齢を調べたところ「もう妊娠できるチャンスは数回しかない」と言われた程、卵子が残っていなかったそうです。

アラフォーと呼ばれている芸能人が40代に出産をしている姿を見て「まだ私も大丈夫」と思っている人は危険です。心や見た目が若くても卵巣は老けているということがあるので注意しましょう。

「妊活」「不妊治療」という言葉は聞くことが増えてきたけれど「卵巣年齢」はあまり聞かないから興味がないという人も多いと思います。自分の体を知るためには大切なことなので気になるという人は婦人科で調べてもらうのも大事なことかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事