• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分では単色ネイルの人必見!フレンチネイル簡単にできちゃうよ

Date:2014.07.18

不器用さんでも簡単にフレンチネイルを自分で出来てしまうやり方をご紹介します。いつもの単色ネイルだとちょっと、単調な感じがしますよね!特別な道具も必要なく、家庭に普通にあるものを利用して自分で両手にフレンチネイルを簡単にできますよ。

用意するもの

・ワセリン(Vaseline)
・綿棒
・マニキュア(2色)爪先に使う物は透明感のないマットな色がお勧めです。

・ベースコート
・トップコート
・絆創膏(最低10枚)

※絆創膏でも粘着力が強力なタイプがあります。粘着力が強いと塗ったネイルが剥がれてしまうので、安くてあまり粘着力の強くないものがお勧めです。

1日目の下準備

1.爪の周囲のお肌を守るために綿棒で薄くワセリン(ヴァセリン)を塗りましょう。爪に着くとマニキュアがキレイにのらないので注意してください。

2.ベースコートを塗って爪を保護します。

3.ベースになるマニキュアを塗ります。

4.トップコートを塗ります。

1日目はここまで塗っておやすみなさい。1日置かないと、キレイな仕上がりになりません。

2色目の色を塗ります

2日目には完全にマニキュアが定着して乾いているハズです。ではいよいよ爪先のポイントの色を塗ります。

1.日にちが変わっているので、またワセリンを綿棒で塗って指を保護しましょう。今日は爪先だけで十分です。

2.絆創膏を使って爪の塗らない部分をカバーするために使うので最初に10枚程、包装から全部出しておきます。(張りながら包装から出すのはくっついてイライラします。)

3.片方の手のひら分づつ、絆創膏を貼ります。

4.貼るときのコツは指の端だけ、丁度いい幅の所に貼ったら、指のカーブに合わせて絆創膏をカーブさせながら爪先に貼ります。このとき、「爪先だけ」貼るのがポイントです。

まず、爪の一方の端に合わせてまずは乗せるようにおいて軽く貼り付けたら、爪のカーブに合わせて絆創膏をカーブさせながら貼ります。爪先以外の絆創膏の端の部分は指に張り付けて周囲にくっついて煩わしい思いをしないようにします。

5.5本の指に絆創膏を貼ったら、爪先の色のマニキュアを塗ります。指の両脇だけ注意してはみ出さないようにすれば、あとは絆創膏で覆われているので雑に塗っても大丈夫です。

6.塗ったマニキュアが乾いたら絆創膏をはがせば仕上がりになります。

7.次に残りのもう片方の5本の指に同様に塗ったあと乾いたら、トップコートを塗れば完成です。

※ベースになる色を塗って1日おくのは、絆創膏のようにそれほど強くない粘着力でも、当日だと絆創膏でマニキュアがはがれてしまうからです。絆創膏の他に養生テープというのがホームセンターに売っています。

一時的に物を固定したりする「はがす予定のテープ」なので付箋紙の糊ほどではありませんが粘着力はあまり強くないので、用意できればそれを切って使ってもキレイにできます。

この記事をシェアする

関連記事