• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

既婚者から告白された!断り方を知って慌てず対処を

Date:2017.07.26

職場の上司や知り合いの男性などに既婚者がいることは当たり前のことですよね。

独身者でも既婚者でも特に意識せず生活しているでしょうが、こちらは意識していなくても既婚者の男性が意識し、恋愛感情を抱かれることは珍しくないようです。

恋愛感情無しで見ていた相手から告白されたら驚くものですが、それが既婚者であれば驚きだけではなく、戸惑ってしまうのではないでしょうか。

今回は、既婚者から告白された時の断り方についてご紹介します。


角を立てずに断りたい!既婚者に告白された時の断り方

恋愛するなら不倫相手や浮気相手のような複雑な関係ではなく、独身同士の普通の恋愛を望む方は多いことでしょう。

しかし、既婚者から好意を持たれることは実際にあります。最近はSNSをしている男女が多いので、気軽にコンタクトを取りやすい状況です。

そこから好意を持たれて告白されることは珍しくないようです。たとえ「いいな」と思っていても、一歩踏み出すことを躊躇うのは当然のことです。

職場の上司や同僚であれば断ることで今後の付き合いに影響が出てしまうと思われるかもしれませんが、断ることは一度きりです。

裁判や慰謝料など大きな問題にならないように、そして今後の付き合いに悪影響が出ないような断り方はあります。

既婚者の男性からの告白についての断り方をご紹介していきましょう。

奥さんのことを話して断る

誰かに恋をすると周りのことが見えなくなってしまうものです。

本気になればなるほどそのような状況になりますので、既婚者であっても独身気分で告白してしまうようです。

そんな時に冷静さを取り戻してもらうためにも、告白されたら奥さんの話をすることがお勧めの断り方です。

  • 「○○さんには奥さんがいますよね。奥さんの気持ちになってみてください」
  • 「奥さん、このことを知ったら悲しみますよ」

上記のように奥さんを擁護するのです。

既婚者の男性に対して、「好き」、「嫌い」など告白の返事をする必要はなく、奥さんのことだけ話せば良いのです。

中には、「奥さんとは不仲で君に恋をした」などという男性もいるかもしれませんが、離婚していなければ戸籍上も夫婦であることは間違いありません。

そのような状況を説明された場合には、以下のように提案してみましょう。

「結婚している状況で恋をすることは正気ではないと思います。奥さんとどうなるかわかりませんが、まずは話し合って修復すべきではないでしょうか」

そもそも既婚者であるのに告白するということは、普通に考えればまともではない状況と言えます。

不安定な状況だからこそあなたに恋心を抱いたのかもしれません。

「奥さんが知ったら悲しむと思うので、二人で仲良くできる道を探ってみてはどうでしょう」と、押し付けずに提案してみましょう。

結婚しているということ、奥さんがいることを何度も話して、今の状況がおかしいということを伝えることで断ることができるでしょう。

わからないふりをして断る

既婚者に告白された時の断り方として、わからないふりをすることもお勧めです。

鈍感な天然系というキャラを装うことでさりげなく断ることができます。

具体的には、告白された時に「どうしてですか?」と疑問を投げかけるのです。

  • 「結婚しているのに好きってどういうことですか?」
  • 「奥さんの次に好きだという告白ですか?」

あくまでもなぜ告白されたのかがわからないふりをしますので、「急にどうしたのですか?」と驚いても良いでしょう。

告白した男性が再度「君と付き合いたい」と言われても、「奥さんがいるのに付き合うっておかしくないですか?」とどこまでもわからない、理解できないふりをして断るのです。

「気持ちを伝えてくれる○○さんと結婚できて奥さんは幸せですね」と、男性と奥さんの夫婦関係を褒めて告白を受け入れないという方法もあります。

ちょっと天然系になりますが、言っていることは正論ですから堂々と言うことがポイントです。

どちらにせよ、告白の言い方を変えられても「ちょっと言っている意味がわからないです」というように真に受けないことを続ければ、相手も納得せざるを得なくなるでしょう。

真に受けず、取り合わず、わからないふりをすることが断ることになりますので、向き合うことが苦手な方は試してみてはいかがでしょうか。

不倫の経験を話して断る

既婚者から告白された時に、不倫の体験談を話して断るという方法もあります。

人から聞いた話やネットで知った話、ドラマの話など不倫にまつわる体験談は様々ありますが、お勧めは自分の話です。

不倫をしたことがない方もいるでしょうから、「友達からの話ですが」と人の話をすることも良いですが、実際にしたからこそ「もう二度としたくない」という言葉に重みが出ます。

「過去に不倫の経験があるのですが、自分が望むタイミングで会えないし、連絡もできなくてノイローゼ気味になりました。それからもう二度と不倫はしないと決めたのです」

悲しい思いをしたことや体調を崩してしまったことを話しましょう。

それでも想いを告げられた場合には以下の言葉がお勧めです。

「私を好きと言いながら苦しめたいのですか?」

こんな風に言われたら、先へ進むことを考えて気持ちを抑えてくれるのではないでしょうか。

自分の話ではなくても、涙ながらに話すことで「これ以上悲しませちゃいけないな」と思ってもらえるはずです。

辛かった、悲しかったなどの気持ちを込めて、不倫の体験談を話すという形告白を断りましょう。

既婚者は対象外であると告げて断る

告白されたら恋愛対象について話して断るという方法もあります。人にはそれぞれ恋愛対象があります。

  • 異性(同性)が好き
  • 年下が好き
  • 年上が好き
  • 独身が好き
  • 既婚者が好き

上記のように恋愛対象がありますので、告白されて断る時に「恋愛対象外なのでごめんなさい」と言うのです。

相手が食い下がってくるかもしれませんが、以下のようにと断りましょう。

  • 「いくら言われても恋愛対象として見ることができません。別の人を探してください」
  • 「同性愛者、異性愛者というように人によって恋愛対象は違いますよね。私は独身の男性しか恋愛対象ではないのです」
  • 「恋愛対象が特に無ければ考える余地もありましたが、私にはあるので無理です」

上記のように話して、絶対に無理だということを理解してもらいましょう。

将来設計を聞いた上で断る

告白してくる既婚者は、具体的な将来設計をせずに気持ちだけ伝えてくることが多いようです。

そもそも、離婚もしていない状態で告白してくるということは、現実を見ていない状態と言えます。

ですから、告白された時は「具体的な将来設計をしていますか?」と聞いてみましょう。

  • 「結婚したまま付き合いたい」
  • 「将来的には離婚をしたい」
  • 「妻には内緒の関係になりたい」

上記のように願望ばかりで具体的な話が出ない時には、将来設計をせずに付き合うことのデメリットを教えてあげましょう。

  • 「不倫をしていることが知られたら社会的な信頼を失うことになりますよ」
  • 「奥さんに対して慰謝料が発生しますよ」
  • 「不倫したら親権を取れない可能性が高いですよ」

本当に付き合いたい場合は、不倫ではなくきちんと清算して身軽な状態になってから来るべきであることも伝えましょう。

将来設計がない場合は、好きという気持ちだけで付き合っても婚期を逃すだけです。

その場限りで、将来的なことを考えていない男性と付き合っても今の状態がずっと続くだけです。

将来的なこととして離婚の話を出す男性もいますが、具体的な時期を聞くと答えに困るケースが多いようです。

それは離婚したいという気持ちがあるだけで、実際にしようとは思っていないからです。本当に離婚したい気持ちがあれば、女性へ告白する前に離婚しているはずです。

告白された時には将来設計を聞くことで、男性側が現実と向き合う機会になります。

将来についてどんな風に考えているのかについて聞いたほうが、断りやすくなりますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

彼氏の存在を明かして断る

告白された時には男性の存在を明かして断るという方法もあります。好きな男性や付き合っている彼氏などの存在を明かすのです。

特にお勧めは、彼氏です。

「自分のことを一番に思ってくれて、自分も同じように大好きだ」と、既婚者へ彼氏に対する気持ちを告白することが断ることになります。

「彼氏がいなかったらわかりませんが、今は彼氏が実際にいて彼氏のことで頭がいっぱいなんです」と考える余地がないことも伝えると良いでしょう。

中には、「俺には妻がいて、君には彼氏がいる。同じ状況だから上手くいくよ」などと言う既婚者もいますが、そんな時は彼氏を怖い存在にしてしまいましょう。

  • 柔道や空手など格闘家
  • 警察官や弁護士など法律に強い

上記のように、関わると大変なことになる可能性があると伝えましょう。

「○○さんと親しいことを伝えているので、彼氏には既に勘繰られていますよ」と冗談交じりに話せば、気持ちを抑えてくれるでしょう。

父親として見ていたことを告げて断る

既婚者からの告白を父親というフレーズを出して断る方法もあります。告白されたら、「父親のようにしか見えない」と伝えましょう。

  • 好きという気持ちがあっても、それは父親と重なる部分である
  • 父親を連想してしまうので付き合うことができない

上記のような理由を話せば、気持ちを受け入れることは難しいと理解してもらえるでしょう。

「人として大変尊敬しています。今後ともよろしくお願いします」と言うことで、既婚者のプライドを傷つけることもないでしょう。

自分より年上ではなくても、子供がいる既婚者の場合にも使える断り方ですから、是非使ってみてはいかがでしょうか。

告白で心変わりしたと話して断る

告白されたからこそ断れる方法もあります。それは、告白されたことで心変わりしたことを話すことです。

既婚者が告白してくる場合、一方的なこともありますが、何か勘違いさせるような行動を取っていたことも考えられます。

褒める、ボディタッチする、微笑むなど何気ない行動で勘違いさせてしまったかもしれません。

あるいは、結婚している男性に対しての憧れのようなものを抱いて、「結婚するなら○○さんみたいな男性がいいです」と言ってしまったかもしれません。

そのような行動の積み重ねで、既婚者は告白するという手段に出た可能性があります。

そんな時には、「告白されて気持ちが冷めました」と伝えましょう。

  • 「たぶん好意を持っていたと思うのですが、片思いのほうが良かったです」
  • 「告白されたら満足してしまったみたいです」
  • 「これ以上思いを伝えられたら嫌いになりそうです」

告白されたことで気持ちが冷める、気持ちが変わるなどは普通にあることです。

心変わりは誰にでもあるもので、いつどのタイミングで起こるかもわかりません。

上記のように、告白されたからこそ気持ちが無くなったことを告げて、恋愛関係には発展しないことをわかってもらいましょう。

家庭を壊しかねないと言って断る

既婚者に告白されたら、自分の嫉妬心の話をして断るという方法もあります。

恋愛中は、独身同士でも嫉妬を起こすことがあります。

それが既婚者と独身者であれば、独身者のほうが見えない時間を想像して嫉妬してしまうものです。

男性は、結婚生活を維持しながら不倫をしたいという気持ちでしょう。

結婚生活を維持できない恋愛になることを告げることが断ることになります。

「私と付き合うと大変ですよ。嫉妬心がすごいので家庭を壊しかねません」と言ってみましょう。

もしかしたら、「連絡をちゃんとするから大丈夫だよ」と打開策を提示されるかもしれません。

そんな時には、「会いたくなると自宅まで行っちゃって元カレに引かれました」と嫉妬心がかなり強いことを伝えましょう。

離婚の危機を連想させる女性とわかれば、こちらが断らなくても相手の男性から離れていくでしょう。

断り方次第でかわすことができる!上手に断って既婚者とはさよなら!

好きな男性からの告白であれば嬉しいものですが、既婚者からの告白は戸惑いますし、どのような返事をすれば良いか悩んでしまいますよね。

今後の付き合いもある場合は、断り方次第では気まずくなってしまってしまうことも考えられます。

ご紹介したような断り方であれば、男性からの告白を上手くかわすことができるので、是非試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント