• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

古着を無料で回収してもらおうとして厄介者に!古着屋でのルールとは

Date:2014.04.01

古着屋さんを利用したことはありますか? 古着を買うのではなく着飽きた服を売りに行ったことはありますか?

古着屋さんて本当に便利ですよね。不要になった服を買い取ってくれますし、もし値段がつかないような服や靴だったとしても、お店によっては「お値段はつきませんがよろしければこちらで回収いたします」と言ってくれるところもあります。

捨てられずにいつまでも部屋の片隅やクローゼットの中でスペースをとっていた服を処分することができるなんて、とてもラッキーですよね。しかも処分にはお金がかからず、お店で引き取ってくれると言うのだから、こんなに合理的なことはありません。

でも、気をつけてください。古着屋さんは便利屋さんではありません。いらなくなった物の処分を押し付ける所だととらえないようにしなければなりません。

気をつけないと、古着屋さんに「厄介なお客さんだな…」と思われて、ブラックリストに載ってしまうことだってあります。ここでは古着屋さんで守らなくてはならない最低限のルールをお伝えしたいと思います。

自分も着たい、買いたいと思える服かどうか

古着屋さんに服を持っていく際、気をつけなければならない最低限のルール。一番大切なのは「その服を店で見たときに自分も着たい、買いたいと思える服かどうか」を考えることです。

もちろん古着屋にもっていくくらいですから着飽きていることは事実ですが、あまりにも汚くなっていたり、ヨレヨレになってしまった服を持っていくのはルール違反です。古着屋にもっていって、買取でお金がもらえればラッキー。

もし値段がつかなかったとしても無料で回収してくれる可能性もあるし、という考えもわかりますが、もしあなたがそのヨレヨレの服を押し付けられたらどうですか? あまりいい気分にはならないはずです。

そしてその服をお客さんとして店頭で見た際に、買いたいと思えないようであれば、古着屋さんも同じ気持ちでその服を回収しているということを忘れてはいけません。気をつけましょう。

自分が着たくない服は、他人も着たくない、これをしっかり念頭において、もっていく服をもう一度選別してみてはいかがでしょうか。

古着屋さんに不要な物を押し付けてはいけない

さて、古着屋さんのブラックリストに載る人というのはどのような人でしょうか。それは服だけではなく、服以外の不要になった物を持ってくる人です。古着屋さんには毎日たくさんの古着が持ち込まれます。それだけでも査定は本当に大変です。

それなのに、そこにさらに服以外の物を持ってこられたら…。たとえば、シーツや雑誌のおまけのバッグ、使いようのないポーチ、ぬいぐるみなど。これらを持っていくと、必ず「いらないものを押しつけているだけのお客さんだ」と思われてしまいます。

店頭に並べられるような品物か判断する

もしあなたが古着屋の店長さんだったとしたら、どんな服や靴を店頭に並べたいと思いますか?あまりに汚いもの、あまりに古いものは絶対に並べたくないと思いますよね。

古着屋さんに持っていく場合は、あなた自身がもし店長であったら、と考えた上で持っていくことが大切です。ブラックリストに載るようなお客さんって本当に厄介だといいます。

大量に物を持っていって「またか…」、「またきたよ、あのお客さん…」と思われないためにも、気を使わなくてはなりません。相手はプロですから、厄介なお客さんの顔はすぐに覚えます。一度でも面倒な品物を持ってきたお客さんのことは絶対に忘れません。

明らかに処分目的で持っていっているお客さんだと思われる

古着屋さんで守らなければならない最低限のルール「処分目的で古着を持ち込んでいる」と思われる行動をとらないということ、これとても大切ですよね。

こういうのって、人間性と直結します。いらなくなったものを他人に押し付ける人、と思われてしまう可能性もあります。

古着屋で「あ、これほしい」と思うような商品ってどんなもの?

さて、もっていく服を選別するといっても、実際にはちゃんとした基準もないので、難しいと思います。良心との戦いですよね。無料で回収してもらいたい、でもこんなに汚れた服はどうだろう…という感じで。

でも、明確な基準がなくても、「あなた自身がその服を古着屋で見たときに、ほしいと思えるかどうか」を念頭において選別をすればまず間違いありません。

そのためにも、古着屋さんの前を通りかかったら、お店の一番手前に置かれている服ってどんなものなのか、注意深く観察してみることをおすすめします。店頭に置いてある物こそ、そのお店が求めている物だったりしますから。

この時期、お部屋を整理したり、春に向けてのお引越しをするという人も多いでしょう。その際に古着屋に足を運ぶ人もいると思います。ぜひ参考にしていただければと思います!

この記事をシェアする

関連記事