• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌荒れの原因は布団のダニ?女子力をダウンさせる寝室環境とは?

Date:2014.02.27

いつも顔をつけて寝ている枕。それが肌荒れの原因になることがあります。女性は乳液やクリームをつけて寝ますよね。それが枕についてしまうのですね。

また、いつも使っている枕には、ダニがいることも。その枕に顔をつけて寝ているなんて考えただけでもぞっとします。

また、布団にダニがいるのはよく知られていること。生きているダニだけではなく、ダニのフンや死骸も肌荒れにはよくありません。

もちろん、ぜんそくやアレルギーの原因になります。寝具を清潔にすることなど寝室環境をよくすることが、美肌対策においては大切なことです。

枕カバーはこまめに取り替える

美容液やクリームなど、寝る前につけた化粧品が枕についてしまい、それがニキビなどの肌荒れの原因になります。

また、肌を刺激する素材の枕カバーは肌を傷めてしまうことがあるので、顔がかゆい、などの症状があれば違った枕カバーを使いましょう。

肌触りの良いタオルなどを枕カバー代わりにして、そのタオルを交換するようにしてもいいですね。枕カバーはこまめに取り替えるようにしましょう。

ダニを退治する布団乾燥のコツ

ダニが繁殖しやすいお布団。それを防ぐためには、天日干しをすることです。しかし、間違った天日干しはダニを繁殖させてしまうこともあるのです。ダニをきれいに退治するコツを紹介しましょう。

・雨上がりには干さないいくら晴れていても、雨上がりは湿気が多いもの。また朝や夜も湿気が多いので、その湿気を取りこんでしまい、逆効果になってしまいます。天日干しをするなら、お昼時の湿気が低い時間に行いましょう。

・干す時には両面を

汗は裏面まで浸透しているものです。また、干していない方のダニは死なないと言われています。表面と裏面、両方干すようにしましょう。

・布団たたきで叩くのはNG

布団たたきで布団を叩くのは、ダニのフンや死骸を広げてしまうことになります。

・取りこんだ後すぐにしまわない

天日干しをしたばかりの布団は温かいので、そのまましまうとダニが繁殖してしまいます。すぐにしまわずに、部屋に少し置いておき、布団の熱が取れたらしまうようにしましょう。

・干したら掃除機をかける

天日干しをしたら、その後ダニのフンや死骸を掃除機で吸い取ることで、より完璧に近いダニ退治になります。

・布団乾燥機を使う

布団乾燥機はダニ退治に有効です。熱を逃がさないように、乾燥機をかける時にかけ布団をかければさらに効果的です。布団乾燥機は、週に1回程度かければ効果があると言われています。

熟睡するための寝室環境

ダニもいない清潔な寝具を用意できたら、次は快適に眠れる環境が必要です。美肌のための寝室環境はとても重要です。質の良い眠りを手に入れるための方法にはどのようなものがあるでしょうか?

・アロマでリラックスして熟睡香りにはリラックス効果があると言われています。そのためにアロマオイルを使用している人も多いでしょう。

精神的にリラックスしたい場合は、ラベンダーやスイートマージョラムなどを、クセのない香りが好みの場合は、ベルガモットやオレンジなど柑橘系のアロマがおススメ。

・変化する照明で自然な眠りに

最初は明るく徐々に暗くなっていき、目が覚める時間に合わせて徐々に明るくなっていく照明があります。明るさが変化する照明を利用すると、自然に眠りにつき、自然に目が覚めることができます。

またはタイマー付きの間接照明を使うと、夜中に明るさによって目が覚めるということがなくなります。

・快適に眠れる部屋の温度

快適に睡眠が取れる部屋の温度は26℃です。湿度は50%。冷暖房はタイマーにして、肌を乾燥させないようにしましょう。

・美肌に効果的な音楽

心地良い眠りを誘うのは、ゆったりした優しい音楽です。クラッシック音楽などがいいとよく言われますね。

特にモーツァルトの曲には副交感神経を優位にして、リラックス効果を高める作用があると言われています。さらに、血行がよくなり、肌の新陳代謝も促され、美肌にもいいと言われています。

この記事をシェアする

関連記事