• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夫婦で美味しいアンチエージングレシピ!グリーンスムージー活用法

Date:2014.06.21

私だけきれいで若々しくなればよいと考えていた主婦層が多い世代もありますが、お互いをいたわりアンチエージングするご夫婦もおられます。アンチエージングは言葉通り、若返りを目的としていますが若返るという事は非現実的と思われがちです。

アンチエージングは健康と共に外見の美しさを取り戻し、自尊心を持つことへとつながることで精神的にも安定するため、夫婦で行う事はとても良いことかもしれません。

とはいえ、二人でエステに行ったりと…過激なアンチエージングは方向性がかわって来て逆に奥様は心配の種を持ってしまうかもしれません。ですから無理なく2人で楽しめるアンチエージング方法が必要です。

美味しいものが体に合う訳ではない?!

2人ではじめるアンチエージングに良いのがグリーンスムージー!多くの場合女性は比較的野菜が好きな方が多いのですが、男性の中には野菜嫌いな方が多いと言われています。

彼が野菜好きであれば問題ないのですが、野菜嫌いですと日頃の食生活も偏りがちになり、将来的に糖尿病や高血圧などの疾病を抱えなくてはならなくなります。

ですから、早くから健康管理と共に同じような正しい美意識を持つためにも一緒にグリーンスムージーが良いでしょう。問題は美味しいグリーンスムージーを作る事…。何でもかんでも野菜なら何でもよい訳ではありません。

組合わせを一つ間違えると、野菜嫌いがひどくなりますので、美味しいものを作るように心がけましょう。男性に限らず女性の中にも野菜のあくが強すぎて続けられないという場合もあります。またはアレルギーもあるケースは要注意です。

人参が普段から好きだった方が人参の割合を8水1バナナ1で、スムージーを作って飲んだら、急性アレルギーを起こしてしまい、いわゆるアナフィラキシー症状が出てしまったそうです。

今までなんともなかったものであっても、多量摂取によって反応が出てしまう事があるという事も覚えておきましょう。また1つの種類の野菜の割合を5は超えない方が無難でしょう。

美味しいグリーンスムージーに

美味しいグリーンスムージーには、必ずフルーツをプラスする事です。小松菜やホウレンソウなどを入れる場合は味が淡白なフルーツはお勧めできません。

例えば、レッドグローブ(ブドウ)、ライチ、グレープフルーツなど。野菜の独特の苦みと臭みがあるのに、グレープフルーツのようなもともと苦みのあるフルーツは甘みを感じさせなくなり美味しくないものになってしまいます。

はじめはバナナやリンゴ、オレンジ、などのフルーツを8とするなら水が1野菜が1程度から始めていくとよいかもしれません。美肌効果にはビタミンですからフルーツであっても熱を通さないので、ビタミンの栄養素が壊れることなく体内に取り入れる事ができます。

同じ美意識も培える

徐々にグリーンスムージーの葉物野菜に慣れていくと、手軽に野菜が取れる事に加えお通じがよいなど体調の変化にも気づいていくようになります。

お互いに似た美に対する感覚を持って行くようになるとあなたが良いと思う美容法にも理解を示し協力してくれたりするようになるものです。例えば、始めたいコスメが少し高くても試したい時金銭的にも理解を得やすい事があります。

ですから夫婦で始めていく事には価値があります。男性の肌も女性と同じでお手入れ次第です。内側に良いものを入れてあげれば健康的になり余裕が生まれお互いをいたわりやすくなるものですから、ぜひお二人でグリーンスムージーの習慣を持ってみて下さい。

この記事をシェアする

関連記事