• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

最近よく聞く外貨預金っていったい何?

Date:2013.09.14

最近コマーシャルなどで、「外貨預金」という言葉を良く耳にしませんか?
でも普通に銀行預金することと、一体何が違うのか良く分かりませんよね。
そこで外貨預金とはどんな預金なのか?その仕組みを簡単にご紹介したいと思います。

外貨預金って何?

外貨預金とは、簡単に言ってしまえば外国の通貨で預金をすることです。最近では、さまざまな銀行のコマーシャルなどで紹介されていますよね。個人の資金運用として、注目されている預金になります。

日本の通貨で預金すると、金利がつきますよね。
その金利が、日本円で預金するより外国の通貨で預金した方が高くなるといわれているのです。ということは、日本円で預金するよりも、金利分だけ儲けが出る可能性が高くなるというわけ!ただし、単に預けていればいつ預金を解約しても儲かるとは限りません。
そこには、為替レートが絡んでくるからです。

銀行の方に聞いた所、米ドルは為替レートがニュースなどでも流れるので分かりやすく、初心者の方にオススメだとか!では、実際に外貨預金をするとどうなるのか紹介していきますね。

外貨預金の流れとは

今回は、初心者にオススメと言われた米ドルでの外貨預金でご紹介します。
例えば為替レートが1米ドル100円の時に、1千米ドル・日本円で10万円預金をしたとします。その後円安になった時、為替レートももちろん変わってきますよね。
例えば1米ドル110円になりました。この時点で預けていた預金を解約すると、預けていた時よりも為替レートが10円高くなっているため1米ドルあたり10円の儲けがでます。預けていた金額が日本円で10万円ですから、金利分の儲けは1万円になります。

では逆に、円高になったらどうなるでしょうか。預けた時よりも為替レートが下がってしまいますよね。
例えば1米ドル90円になってしまったとします。この時に預金を解約してしまえば、1米ドルあたり10円の損益になってしまい、日本円で10万円預けていたにも関わらず、9万円しか戻ってこないのです。ここが外貨預金の怖い所でしょう。

儲けもするけど解約の時期を間違ってしまうと、預けた金額よりも損をしてしまう可能性があります。またどの通貨で預金するかも難しい所ですね。
しかし仕組みとしては、そんなに難しいことはありませんので、少額から資産運用をしてみても良いかもしれませんね。

為替の動きをみよう

場合によってはリスクもあるけど、やってみようかなぁと思われた方は、始める前に為替の動きに注意する習慣を付けましょう。ニュースなどでも毎日放送されているので、難しいことはありません。
毎日為替レートがどのように動いているのか、確認することが大切です。外貨預金は、為替レートで儲けが出るか損をしてしまうか決まります。為替の動きに敏感になっておくと、預金の解約のタイミングも読みやすくなってくるでしょう。

初めてで大金を預けるのは、不安もあるでしょう。
今話題の資産運用方法ですし、お試し程度に少額から試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事