• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

外資生命保険のメリット、デメリット…今ってこんなにお得なの?

Date:2013.08.22

万が一に備えて入っておくと安心な生命保険。割安で済ませようと思うと掛け捨ての物が良いですが、それはもったいないからと積立式の保険にすると家計が圧迫されがちです。

銀行の利息も微々たるものですので、保険を掛けつつ貯蓄もできる保険には惹かれますよね。そこで、お勧めしたいのが外貨による生命保険です。

ご存じの通り、日本の定期預金の金利が1%未満なのに対し、外貨預金だと5%以上の通貨もたくさんあります。それと同じで生命保険も外貨で行うととってもお得なんです。

外貨生命保険の仕組みとは

広く知られていない外貨建ての生命保険ですが、簡単に言うと保険料の支払いから保険金の受取、解約返戻金の受取まで外貨で行う保険のことです。

保険会社によって通貨の種類は異なりますが、米ドル、豪ドル、ユーロ等があり、日本より金利が高い国の通貨が取り扱われています。

外貨建て保険を複数揃えている大手保険会社の豪ドル建て終身保険の例で見てみましょう。この保険には一生涯の死亡保障が付いており、また、途中で解約した場合、解約返戻金が支払われますが、保険料は一括で支払う必要があります。

例えば25歳で19,000豪ドルを一括で支払うと、死亡した場合、50,000豪ドルが支払われます。さらに最低年2.25%が保証されていますので、健康で、途中解約したいという場合、その分の利息が上乗せされて戻ってくるのです。

日本の銀行だと普通に預金をしていても1%も利息は付きませんから、その数倍の利息が付き、さらに死亡保険も付いているのはお得ですよね。

必ず知っておきたいデメリット

ここまでメリットばかり挙げてきましたがもちろんデメリットもあります。外貨建て保険にはリスクがあります。外貨で取引をしますので円高になると元本を割る可能性があるのです。

また、通常の外貨両替と同じように、手数料を取られますので、短期間で解約しようと考えている人には向かない商品です。

しかし、保険料が格安で、利率の良い商品ですから、リスクをしっかりと理解したうえで外貨建て保険を検討してみる価値はありそうですね。

この記事をシェアする

関連記事