• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

捨てるハンカチが復活!四角いがま口カードケースの作り方

Date:2014.11.01

gamaguchi1031-top

ポイントカードに診察券、どうやって持ち歩いていますか?お財布に入れたら、もはやお金よりもポイントカードの分量のほうが多い…なんて経験、ありますよね。

そんなわけで私は、お財布にはお金とクレジットカード、身分証だけと決め、カードケースは別に持ち歩くことにしています。しかしながら、探すとなかなか使い勝手の良いカードケースってないのです。

サイズがピッタリで仕切りのないものを探し歩くこと数か月。先日、某お店で見つけたのですよ!四角いピッタリサイズのがま口を。

でも、好きな柄のものがない…今使っているものがボロボロで人前に出せる状態ではないことを考えれば、贅沢言っている場合じゃないけれど。

ここまで待ったからには気に入ったものが欲しい!そこでふと思ったのです。「もしやこの口金は売っているのでは!?」…その足で手芸用品屋さんへ向かったら、普通にありましたよ!目的の四角い口金!

…と、ここまでの前置きが相当長くなりましたが、四角い口金を手に入れたところで、さあ作ってみましょう!

準備するもの

・口金:四角いもの
・ハンカチ:一枚
・木工用ボンド
・ミシン
・針
・糸
・爪楊枝
・紙ひも
・平ヤットコ
・チャコペン
・ハサミ

ハンカチを縫う

使用したのはこのハンカチ。

かわいいでしょう?ラデュレさんのハンカチ。

ひとめぼれして買ったのに、縫製が甘かったらしく、一回洗濯しただけでこんな風に

解れてしまったのですよ…クレームいうほどの値段でもないので泣く泣くあきらめ、悲しいかな、ハンカチとしては使えないので何かに活用したい!そこで今回陽の目を見ることに決定。

さて、前述のとおり、手芸用品屋さんにて普通に並んでいた、この口金。

紙紐がセットになっていました。ラッキー!

さて、材料紹介が終わったところで、さきほどのハンカチ。

13cm×20㎝のものを二枚作ります。

オモテ面が内側にくるように、20㎝の辺を半分に折ったら、片側を5mmの所で縫いましょう。

次に、今縫った辺の端を外側に5mmほど折り返し、木工用ボンドで接着します。

いつもの木工用ボンドで。

もう一枚も同様に。

充分に乾いたら、一枚(最終的に表になる側)を裏返します。

裏返した方の中に、裏向きのままの方を入れます。角はキッチリと合わせましょう。

口金を置いて、チャコペンで形を取ったら、ハサミでカット。

2枚ずつになるように、グルッとミシンを掛けます。

口金に填める

爪楊枝にボンドを付け、口金の溝に塗りましょう。


外側から布を、口金に巻きつけるように入れていきます。


溝に押し込むのも爪楊枝でどうぞ。

付属の紙紐を、ハンカチの上から押し込みます。

だいぶ多めに入っているので、ピッタリの長さにカットしてから。


この場合も爪楊枝、もしくはヤットコなどを使ってシッカリと奥まで押し込みます。端まで押し込んだら、余分な部分はカット。

両側共に同じ作業をしましょう。

押し込み終了。

当て布をあてて口金に付かないようにしながら、縁を閉じましょう。

空いている辺をコの字縫いすれば、

完成です!

開いてもラデュレ!

中を違う布にしても面白いですね!

さらに、角についていたこの子。

フレンチブルドッグちゃんも捨てるには忍びないので、ハサミで丁寧に切り離し、

木工用ボンドで付けてあげました♪

大量のポイントカード類もすっきり!

まだまだ入りますよ~!

ハンカチで作ったのでとても薄く、かさばらないのです。カードを取り出すのも、びっくりするほどスピーディー!これはかなりオススメ!

ハンカチとしては使えなくなってしまったハンカチの復活、使いやすいポイントカード入れ…一石二鳥な一品です♪

この記事をシェアする

関連記事