• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

我慢できるのは何泊まで?仲良しな友達でも嫌になる旅行の落とし穴

Date:2013.05.27

友達と旅行をする際、何泊が妥当だと思いますか?実は私、どんなに気心の知れた仲の良い友達でも、2泊3日以上一緒だと嫌になってしまうのです。何か嫌なことをされるわけでも、わがままを言われるわけでもありません。

「嫌いになる」わけではないのですが、とにかく我慢できなくなり、普段大好きな友達を一時的に「嫌になる」のです。似た経験のある方、意外と多いのではないでしょうか。

過剰な気配りは裏目に

正直なところ、一緒に旅行をしていてしんどくなるのは、周りの友達の中でもずば抜けて気配り上手な優しい子なのです。

旅行中、どこへ行くにも何をするにもこちらの意見を尊重してくれ、買い物している時でさえ離れないようずっと付いてきてくれます。そしてその気配りに気づいて、こちらも気を遣ってしまい、ますます気疲れするという悪循環に。

きっとお互い様なのでしょうが、知らない土地で朝から晩まで他人を意識し続けなければならないというのは、たとえどんなに仲の良い相手だったとしても、思った以上にストレスになっているのですね。

無意識的に「楽しい旅行になるはず」という思いが、プレッシャーになっているのかもしれません。では、どうすれば旅行中も友達と上手く付き合っていけるのでしょうか?

自分のものさしで相手を計らない

長時間一緒にいると、普段見えない相手の一面を見てしまうことがあります。

旅行ではないのですが、以前翌日に休みを取って出張先で同僚と1泊した時の話です。会社の経費で行った場所で、いくら仕事後とは言ってもクラブに行く私たちの行動自体どうかとは思いますが、同僚の1人が泥酔し、なんとお持ち帰りされてしまったのです。

普段一緒に仕事をしているだけなら、まず知ることのなかった一面を見てしまい、私はひどくガッカリしてしまったのです。「出来ることなら知りたくなかった」これが本音です。

でもよく考えてみたら、相手に対してガッカリしたなんて、なんて自分勝手な感情で相手を評価してしまっていたのでしょう。この感情を抱いたのは、「いい年した大人がお持ち帰りされるなんて!」という、あくまでも私個人の価値観でしかないわけです。

その価値観に相手をもはめ込もうとしたからこそ、私はガッカリしたのでした。子供ではなくいい年した大人だからこそ、価値観の多様性を理解し、寛大な心を持ちたいものですね。

友達と2人旅には極力行かない

当たり前のことですが、2人旅で相手のことがしんどくなった場合、それはもう最悪な旅行となってしまいます。一時的とは言っても、嫌になった相手と寝ても覚めても一緒だと、あなたのイライラは最高潮へ。

そうならないためにも、オススメなのは3人か4人で旅行することです。よく3人で行動を共にすると、2:1になってしまって良くないと聞きますが、これはむしろ好都合。相手に疲れたら、自ら進んで一人になればいいのです。

4人の場合は、1人を嫌になったら別の人と一緒にいればいいのです。さすがに2泊3日の間に、3人全員を嫌になることなんてそうそうないでしょうから。

楽しいはずの旅行で勝手に嫌になるなんて、一緒に行った友達にとってはあなたのわがまま以外の何物でもありません。相手は何も悪くないのですから、あなたに芽生えてしまったその感情は、責任をもって自分で処理をしましょう。

友達との旅行は楽しいのが一番です。初めから「楽しいはず」と期待するのではなく、「楽しくするための努力」をあなた自身もする必要があるのではないでしょうか。もちろん私も他人のこと言えないですけどね(笑)。

この記事をシェアする

関連記事

コメント