• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

早期発見が大切!女性が見逃しやすい「がん」の前触れ症状15個

Date:2012.09.30

女性の身体の機能は男性より複雑に出来ている分、注意を払わなくてはなりません。その中でも気をつけて頂きたいのが癌です。癌は早期発見が大切です。毎年の検診で発見されればいいのですが、それでは遅すぎる場合もあります。

そこで、ここでは女性が見逃しやすい、癌の可能性がある症状を15個ご紹介していきます。もしこのような症状が感じられたら、病院にいきましょう。

「忙しいし、別に大したことないから大丈夫」などと高をくくってしまうのが一番危険なのです。病院に行って何でもなかったら、それはそれで一安心できますからね。

1:説明できない体重の減少)

エクササイズや食事制限もしていないのに一ヶ月で5キロ痩せた…女性にとっては嬉しいことかも知れませんが、癌の可能性があります。甲状腺の問題ということもありますから、診察してもらいましょう。

2:膨満感

慢性的な膨満感は卵巣がんの可能性があります。あまり食べていないのにすぐ満腹感が出て、頻尿感を覚える、腹部や骨盤の痛み、といった症状が見られたら、主治医に相談しましょう。

3:胸部の変化

乳がんの可能性として胸のしこりは皆さん気にかけることと思います。でもそれ以外にも、胸部の皮膚が荒れて赤みを帯びたり、厚みがある、湿疹が何週間も出来ているといった場合は炎症性乳癌の疑いがあります。

また、乳首から不正分泌がある場合も気をつけてください。

4:不正出血

生理と生理の間に出血が見られる場合、子宮内膜がんの疑いがあります。特にいつも生理周期が一定の人は要注意です。生理周期がいつも一定ではない方も、いつもと違うと感じられる出血は特に注意してください。

5:肌の変化

ほくろに異常が見られたら皮膚がんのサイン、ということは有名です。でも、肌の色素沈着も気にかけてください。突然肌から頻繁に出血するようになったとか、肌が異常にささくれて、めくれてきたような場合、主治医にご相談ください。

肌はどの位様子を見たらいいということが一概には言えないため、早めに病院に行くことをお勧めいたします。

6:つかえ感

胸がつかえる感じがして、食べ物が喉を通りにくい、といった場合、胃腸がんを疑ってください。噛むのは問題はないけど、飲み込みにくいから、今スープやおかゆを中心の食生活にしている、なんていう方は病院に行きましょう。

7:血便、血尿、吐血

生理ではなく、排便時に血便や血尿が見られたら、痔よりも大腸がん、膀胱がん、肝臓がんを疑ってください。また、吐血等、本来見られるべきでないところに混血が見られたら、主治医に相談しましょう。

8:酷い腹部の痛みとうつ症状

酷い腹部の痛みとうつのような感覚があったら、主治医に相談しましょう。うつとすい臓がんの関係性も報告されているのです。

9:消化不良

妊娠中の方は消化不良を起こして、体重増加に繋がるというケースも見られます。しかし、はっきりとした理由がない消化不良は、食道がん、胃がん、咽頭がんの可能性があります。

10:口内の変化

特に喫煙者の方ですが、口の中や下に白い斑点が見られたら、ご注意ください。これらは白板症という癌にかかる前の症状で、口腔がんに進行する可能性があります。

11:痛み

年をとるにつれ、色々な痛みを訴えることが多くなるようですが、漠然とした痛みが癌の初期症状である場合があります。ほとんどの痛みは癌ではないのですが、理由が分からない痛みは、医師に相談しましょう。

12:リンパ腺の変化

脇の下や首、その他の場所でリンパ腺の腫れやかたまりが見られたら、注意しましょう。リンパ腺の異常な膨張は身体の異変を示しています。

13:熱

インフルエンザや他の感染症ではない熱は、癌の可能性もあります。熱は癌が他の場所に転移してから起こるものなのですが、白血病やリンパ腫の初期症状でもあるのです。黄疸や便の色の変化も癌の症状なので、見逃さないよう気をつけましょう。

14:疲労感

疲労感は他の病気の症状であることと同様、漠然とした癌の症状でもあります。疲労感は癌が進行してから起こるものなのですが、白血病や一部の大腸がん、胃がん等の初期症状としても現れます。

15:しつこい咳

咳は風邪、インフルエンザ、アレルギー、薬の副作用として引き起こされたりします。しかしながら、3〜4週間以上の長引く咳は、無視してはいけない症状なのです。特に喫煙者は医師に相談し、喉や、肺機能、X線等を受け、検査をしてください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント