• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたのその習慣ががんにつながる?今から始めるがんの予防法

Date:2013.07.04

女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、乳房切除手術を受けたというニュースがありました。乳がんは遺伝する確率が高いと言われています。

母親が乳がんだったことから、アンジェリーナさん自身も乳がんを発症する可能性が高いと感じていたのでしょう。遺伝子検査により、乳がんにつながる遺伝子を持っていることが分かり、予防のため乳房切除手術を受けたのです。

この乳房切除手術によって、乳がんになる確率が約90%も減ったとされています。家族に乳がんを発症した人がいる場合は、検査を受けるなど早めの対策が必要となるでしょう。

このように、遺伝によりがんになることもありますが、実はがんの多くは予防できるものです。今回は、がんの予防方法を紹介します。

ここで紹介する方法は、がんの進行を食い止めるためにも役立ちます。もしがんになったとしても、あきらめずに、がんに立ち向かいましょう。

がんの芽は、どんな人の体の中でも毎日発生している

がんは、遺伝子が傷ついて発生するもの。私達の体の中では毎日、数多くのがんの芽が発生していると言われます。これらのがんの芽が広がるのを、体の免疫機能によって食い止めているのです。体の免疫機能がうまく働かないと、がんが増えていくことになります。

がんは、自らのまわりに血管を次々と引き込み、栄養を吸収します。その結果次々と増えていくことになります。がんの増殖を食い止めるには、体の免疫機能を強化することが重要です。

がんの増殖を防ぐ方法

がんの増殖を何としても食い止めるため、体の本来の免疫力を最大限に引き出すことが重要です。そのためには、ここでは3つのがん予防法を見ていきましょう。

①デザイナーズフード~植物性食品でがん予防
②ストレスの軽減
③体を冷やさないこと

①デザイナーズフード~植物性食品でがん予防

アメリカで1990年代に発表されたのが、デザイナーズフードという考え方です。がんに特に効果のある植物性食品を選定し、効果が高いものから順にピラミッド化をすることが試みられました。

ここでは、ピラミッドの頂点に位置している、極めてがん予防効果の高い食品を紹介します。

〔にんにく〕

独特のにおいで、食べるのをひかえてしまう人もいますが、がんの予防に強力な助っ人。ぜひ少しずつでも毎日の食事に取り入れてください。オリーブオイルでいためることで、香りが引き立ちます。

おすすめ調理法は、炒め物や、スープなど、様々な料理の隠し味として使うことです。にんにくカレーもおすすめ。

まわりの皮を向き、大き目のかたまりで煮ます。じゃがいものようなほくほくした食感が楽しめます。またにんにくのうまみ成分で、カレーの味が一段も二段もアップしますよ。

〔しょうが〕

漢方薬になるくらい栄養があるしょうが。がんの予防のためにもぜひ毎日食事に取り入れてください。もともとは巨大な根のかたまり。それを小さく分割したものが、スーパーでは売られています。スーパーのものでも問題ありませんが、しょうがの産地から大きいものを取り寄せてもいいかもしれません。その大きさに感動するでしょう。

おすすめ調理法‥

  • 紅茶やほうじ茶にすりおろしたしょうがを。体がぽかぽか温まります
  • お味噌汁やスープに
  • 餃子の具に

〔にんじん〕

にんじんは、知る人ぞ知る、がん予防効果を持っています。がん患者のための食事療法に、ゲルソン療法というものがあります。この療法は、多くのがん患者を救ってきたと言われています。ゲルソン療法においても、にんじんを多く摂取することが勧められています。

にんじんの栄養素は水に溶け出しやすいので、ゆで汁を捨ててしまってはせっかくの栄養分を摂取できないことに。炒め物にすれば、栄養素を効率よく摂れます。

おすすめの調理法は、にんじんの千切り炒めです。まずにんじんを千切りにします。少量の油でやわらかくなるまで炒めます。オイスターソースで軽く味付け。簡単で、おいしい料理です。

②ストレスの軽減

デザイナーズフードを取り入れた食事とともに、重視してほしいのがストレスを減らすこと。ストレスが過剰だと体の免疫機能が低下します。そうすると、本来抑えられる「がんの芽」の増殖も抑えられなくなってしまいます。

ストレスをうまく発散する方法をいくつか考えておきましょう。自分の好きなことをしたり、大切な人とゆっくり過ごす時間を持ったりするのもいいでしょう。

③体を冷やさないこと

がんは、温度の低い環境を好み、増殖スピードを加速させます。体温が下がると、がんになりやすくなるというわけです。

体温が高めの人は健康的な人が多いですよね。このような人はがんにも比較的なりにくいと考えられます。体をよく動かして、常に体を温かく保ちましょう。

今回は、①デザイナーズフード、②ストレスの軽減、③体を冷やさないこと、3点をご紹介しました。がんは、生活習慣の改善によって、30%~50%も発症の可能性を減らすことができると考えられています。

これらを実践して、ぜひご自身とご家族の健康を守って頂けることを願っています。

この記事をシェアする

関連記事