• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ありえない?!“柄物+柄物”に挑戦してみませんか?

Date:2014.01.27

複数の柄物を一度に身につけると、俗にいう「大阪のおばちゃん」になってしまう!と思っていませんか?(大阪の方、気を悪くされたらごめんなさい)でも、意外といくつかのポイントさえ押さえれば「ありえない」「絶対ダメ」ということにはなりません。

“柄物+柄物”の魅力と、柄物に柄物を合わせるときの失敗しないコツを紹介します。

素晴らしい、柄物の世界

「柄物」と聞いて、どういった柄を思い浮かべますか?花柄、レオパード柄、チェック柄など、いろんな「柄物」があります。「私、柄物は似合わないから」などと言う人がいますが、誰にでも似合う柄がきっとあるはずです。

また、例えば花柄が大好きで“柄物=花柄”というように決めつけてしまっている人も、ぜひ新しい柄に挑戦してみてください。様々な柄物を上手に取り入れることができればコーディネートの幅も広がってくるはずです。

普段から柄物を取り入れているという人も、コーディネートのポイントにすることはあっても複数の柄物を一度に使うことは少ないかもしれません。いくつかのポイントを押さえて、より深い柄物の世界に飛び込んでみましょう。

これならOK:柄物+柄物

「トータルコーディネート」という言葉、どこかで聞いたことがあると思います。全体に統一感を持たせるというのがそのコンセプトですが、逆に言えば全体的にみてバランスが取れていれば柄物がどれだけ盛り込まれていてもよいのだと考えることもできませんか?

全体の色味を統一させるなど、柄以外の点で「テーマ」を決めて組み合わせてみましょう。

2ピースの服の上下を違う柄物にすると不自然になってしまうような場合は幅が広めのベルトを使ったり、片方はシンプルなものにして、ストールなどで柄を取り入れるなどの工夫をしてみてください。

また、肩の部分にだけ模様が入っているようなセーターや、裾に刺繍の施してあるスカートなどは柄を主張しすぎないので取り入れやすいです。

無地のトップスだと寂しくなるからと、ペンダントやストールなどの小物を取り入れる人は多いと思いますが、柄物も同じようなとらえ方で使うことができます。

例えば、柄物のボトムスにニットのトップスを合わせる場合、そのトップスがプレーンな編み方のものであっても、縄模様などの柄が編まれているものであっても自然に着こなすことができますが、むしろ少し柄が入っている方がすっきり見えることもあります。

同じように、レースなどベースと同じ色で柄が施されているものは他の柄物にも比較的よくなじみます。

これはNG:避けるべきポイントとは

「ヒョウ柄が好きだから!」となんでもかんでもヒョウ柄で揃えてしまうと大阪のおばちゃんっぽさが出てしまいます。ボーダーとストライプを一度に取り入れるのも簡単ではなさそうですよね。

複数の柄物を組み合わせるときは、「似た柄」ではなく「同じ系統の色味」を考えて組み合わせることを忘れないでください。

チェック柄やドット柄など、柄物というと生地全体に模様が入っているものを思い浮かべる人も多いかと思いますが、絵柄のプリントやワンポイントの刺繍などもコーディネートのポイントとなります。

柄物のコーディネートに不安のある人は、こういったアイテムを使って「無難に無地のものを着る」という習慣から離れてみることから始めましょう。

この記事をシェアする

関連記事