• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ゲームをすると寿命が延びる?意外なゲームの効果

Date:2013.09.04

アメリカで「ゲームをすると寿命が延びる」という説が発表されました。ゲームというと、暇つぶしや時間の無駄と思われることも多くありますよね。子どものころに、ゲームはほどほどにしなさいとお母さんから言われた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

また、最近ではインターネット上でできるオンラインゲームや携帯のゲームなど数え切れないほどの種類があります。ゲームが好きでたくさんやっている人でも、心の片隅では、ゲーム=時間を無駄にしてしまっている、と若干の後ろめたい気持ちもあったりするのではないでしょうか。

そんな中、今回発表されたこの説。ゲームを出来る限りやったほうが、寿命が延びるなんて、画期的ですよね。ゲームをすることで、10年も寿命が延ばせるというのです。

またこれを少し細かく計算すると、1年あたりゲームを集中的にやると46日寿命が延び、また一日あたりのゲームではおよそ7分の命の時間を得することができるのです。この説は、ジェーン・マゴニカルというゲームデザイナーの女性によって提唱されました。

彼女はこう述べています。現在私たちはオンラインゲームに週30億時間費やしています。しかしこの量を劇的に増やす必要があると考えています。私の計算ではトータルで週210億時間ゲームをするようになる必要があるのです。

週30億時間とは人類全体でゲームに費やす時間の量です。ジェーンは現在の約7倍の時間をゲームに費やさなければならないというのです。

一人あたりで考えてみましょう。例えば週3時間ゲームをする人の場合、この7倍、つまり週21時間ゲームをしたほうがいいということになりますね。

ジェーンは、脳の外傷を受けたことで、3ヶ月間ベットで過ごしたことがあるといいます。この外傷によって鬱や自殺願望まで起こり、死にたいとまで思うようになりました。

もう自殺しようかという寸前のところで、いっそのことこのつらい毎日をゲームのように楽しみ、脳の病気(敵)を倒してしまおうと思ったといいます。

自分がゲームの主人公のようになって、パワーをアップさせていくことを目指しました。脳の回復にいいことをするとパワーがアップすると考えました。

そしてとうとう、鬱や自殺願望という「敵」を倒すことに成功したのです。この方法を試してから驚異的な速さで病気が回復していきました。医者も驚くほどであったといいます。

この経験から、ジェーンは、ゲームが持つポジティブな力に気づき、現実の世界もゲームの中でプレイをしているような感覚で生きることによって、幸せな人生を送れると考えたのです。

長い間苦しんだ脳の病気からジェーンを短期間にして回復させたこの方法。私達が毎日を幸せに生きるためにも、役立つかもしれません。

効果1;社会的な力を高める効果

ゲームは誰かと一緒にできるものも多くあります。ゲームの中で、対戦したり協力したり敵を倒したりすることは、その人とのつながりを大きく向上させます。

時には、実生活で人と過ごすよりも、ゲームを一緒にした方が、一緒に時間を楽しみ、関係をより深めることが可能になるといいます。同じルールに従ってプレイをすることで、信頼感が深まるのです。

効果2;精神的な力を高める効果

ゲームの中では、自分がヒーローになることができます。そこには自分の理想の姿を投影することも可能です。自分のアバターを作って動かしたりすることができるゲームもあります。自分そっくりに作ってもいいのですが、見た目や能力を自分の好きなように設定することもできます。

そして、敵を倒したりミッションをクリアしていきます。この一つ一つの小さなチャレンジを乗り越えていくことで達成感が生まれます。そして、乗り越えたときには、パワー+1というように結果がすぐ形になって見えてきます。

こういった繰り返しの中で、「ゴールまで絶対たどり着く、自分にはそれができるはずだ」という強い意志が生まれてきます。こういったポジティブな意志を養うことができるのがゲームであると言います。

これらの効果が寿命を延ばすことにつながる

このように、人とつながることで得られる幸福感、また理想の自分を思い描きながら目標に向かってチャレンジをするというポジティブな意志が、寿命を延ばすと言います。そして、実際に研究でも証明されているのです。

これでもうゲームをしても時間の無駄とは感じなくてすむかもしれません

楽しい時間を過ごせて、最終的に寿命も10年間も延ばせてしまうとしたら、ゲームをたくさんやろうかなという気になってきますよね。

確かにゲームをやるときは、人と笑い合って楽しんだり、またゴールをクリアするために普段出せないくらいの集中力を発揮してしまうこともあります。またゲーム感覚で普段の日常も楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事