• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ナチュラル派は実践しています!衣類の虫除けには月桂樹の葉を!

Date:2012.09.26

日本は四季がありとても魅力的な国でもあります。ですが、季節の変り目は何かと衣類の整理がつきもの。昨年の衣類を今年も着るつもりで出したら・・あっ!虫くい跡を発見!ショック!お気に入りだったのに・・。そう嘆かない前に必ず使用するのが防虫剤です。

最近は無臭のものも数多く出回っていますので、ずいぶん扱いやすくはなりました。ですが、まだ小さなお子さんがいるご家庭は安全性にも気を遣うかと思います。実は衣類の防虫剤を誤って口に入れてしまう子供が多いそうです。

防虫剤の恐ろしさ

衣類の防虫剤は、パラジクロルベンゼン、ナフタリン、しょうのうが主成分です。この物質のうち、しょうのうは木からとれる「自然」なものです。

ですがパラジクロルベンゼンやナフタリンは、摂取量によっては肝臓障害などの危険な症状をひき起こすとも言われているのです。

そりゃあ虫がつかないんですから、それなりの物質を使用しなければいけないのは分かっています。ですがもしも自分の子供誤って口にしたら・・何て考えると恐ろしいものです。

天然の防虫効果に最適な月桂樹

安心かつ安全を選ぶ自然派のあなたにオススメなのが月桂樹の葉です。そう、カレーやシチューの香りづけとしても幅広く愛されている別名、ローリエのことです。

虫除けに効果的としても知られるこちらの葉は、米びつの虫除けとしても有名です。食品の虫除けにも効果的なので、勿論衣類にも効果的です。

適当に乾燥した月桂樹を衣類に挟んでしまっておきます。特別な方法ではないので簡単にできます。カレーで使用した残りの葉で衣類の虫除けにもなるのでやはり一石二鳥ではないかと思います。

効果は約1年もちます

月桂樹はにおいがなくなると、防虫効果もなくなります。だいたい1年でその効果は消えると言われています。ですので翌年まで余裕で効果が続きます。防虫剤代わりに月桂樹の葉を使ってみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント