• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

怒る前に「一呼吸」怒りが爆発しそうになった時の対処方法

Date:2013.11.01

怒る事は集団社会では必要不可欠…でも怒り過ぎにはご注意を!

思うように動いてくれないプリンター、全く動かない交通渋滞、きちんと働いてくれない上司に同僚に部下、いつまでたっても順番がこない小児科の待合室、誰かのポケットにティッシュペーパーが入っていたらしくティッシュがこびり付いた洗濯物…イライラしますよね?

しかもこの夏の暑さも相まって「うおぉぉ!」と雄叫びを上げたくなる事って、日常生活に少なくは有りません。最近ちょっとした事で直ぐにイライラ、「切れやすくなっている?」なんて思う事ありせん?

「怒り」の起爆剤はあらゆる場所に

現代社会はテクノロジーも発達し、便利になってきてはいるものの、逆に時間に追われる事も余計に増えているようです。実際、イギリスでの調査では、人は一日に7回ぐらいはイラッとしたり怒ると判明。

考えてみれば、ひっきりなしにくるスパムメール、タイプ中に爪が割れ、ストッキングが伝線、お気に入りのサンダルでチューインガムを踏み、家から徒歩20分の駅で充電していた携帯を家に忘れてきたことに気付き、遅刻ギリギリで乗った電車が徐行運転など…挙げたらキリが無いくらい私達の日常には「もーッ!」と怒りたくなる事だらけなのです。

私達はなぜ「怒る」の?

怒るという行動は人間にとってはごく自然な事で、その昔、警察も法律も無かった頃は相手や危険な状態に対し心拍数や血圧を上げ、自分を鼓舞して危険な人や物から自分あるいは仲間を守り生存する為に必要不可欠な手段なのです。

勿論、心理的にも恐れや恐怖というものを受け入れ怒ることで、その感情を解消するという役目もあります。

平和な社会に「怒り」が蔓延

でも、人間社会も進化や発展を遂げほとんどの国では戦争も無くなり、まして規律正しい日本人が住む国、日本には無法地帯は無いのですから、そんなに怒る必要も無くなっているはず…ですよね?

ところが、この平和な社会が、進化の過程で得た、怒るという行動を増幅させているという研究結果をイギリスの大学が発表したのです。

例えば、昔、人間は空腹を満たす為に怒りというエネルギーを用いて獲物を追い、狩るという行動をしていましたが、現代は空腹ならば車、バス、電車を使いレストランで注文すれば良いのですからまるっきり必至で獲物を追わないと餓死する…危機感及び殺気立つという事を必要としません。

まして、今の日本で怒りが表情に出るくらい空腹になるなんて事は考えられない事だからです。そんな使われる事の無くなった怒りのエネルギーが現代ではチョットした事で、蓋をした鍋から蒸気が漏れるようにあらゆる場面で噴き出す事が増えているというのです。

「怒り」は自然な事…ですが、過剰反応は改善しましょう!

先ほどから言っている通り、怒るという表現は人間が生きてゆくために無くてはならないものなのですがやはり、いつもいつも、本当に些細な事で怒ってばかりいると周りの人からは嫌がられ、社会の中で浮き立ってしまいます。

人間、一人では生きていけない生き物なので孤立すると、精神状態も悪くなり仕舞には健康まで損なう事になり兼ねません。健全な人間関係や精神状態を保つために「ちょっと最近イライラし過ぎかな?」なんて思ったら以下の5つの対処法を試してみてください。

1)怒りの原因を把握する

どうして自分がこんなにも怒っているのか原因を突き止めましょう。冷静に怒りの原因を見つめ直すと「なんでこんな事で怒ったんだろう?」と思える事が多いと思いますよ。

2)文句を言う前に一呼吸

人は怒ると心に思ってもいない事を「つい口走ってしまう」って事が良くあります。相手に怒鳴ったり一言いう前に一呼吸置きましょう。興奮していると後先のことを考えなくなり最悪の状況を招いてしまいます。

3)人に当たらず体を使い発散

その場はどうにか怒りを抑えられたけど、「どうしても怒りが収まらない!」と言う時は、怒りの矛先を人では無く、クッションなど、物を投げる・叩く等して発散。

あるいはスポーツ、特にボクシングやテニスのように何かを叩いて怒りエネルギーを消費できそうなエクササイズで、汗と共にマイナスな考えを流してしまいましょう。

4)笑い飛ばしましょう

ちょっとイライラしてると思ったら、お気に入りのお笑い番組やコメディ映画を見て、笑い飛ばしましょう!人間は笑う事で内に秘めている全く逆の感情をも打ち消すことが出来るそうです。

5)リラックスしましょう

皆さん、ともかくリラックスしましょう!現代社会は時間に追われ過ぎ…偶には携帯、パソコン、TVを消して、瞑想、ヨガ、あるいはただスローな音楽を聴きながら床に寝そべったり、公園の芝生で寝転がりましょう!

怒る事は自然な事ではあるにせよ、女性にとって怒り顔は見た目や美容の為にも良くありません。毎朝、鏡を見て自分の眉間や額にシワが寄ってないか確認してみてください。

この記事をシェアする

関連記事