• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

塩抜きダイエットの効果!たった3日間塩を抜くだけで効果てきめん

Date:2016.09.20

shutterstock_318311855楽しててっとり早く痩せられたらいいのに。とダイエット経験のある女性なら誰もが考えることではないでしょうか。

ダイエットは苦痛や我慢といった苦難を乗り越えるイメージが強く、それに打ち勝てるかどうかが成功の鍵になります。

しかもダイエット期間が長期にわたる我慢することも多くストレスもたまりやすくなります。

いろいろなダイエット方法がブームになりますが、ブームになるダイエット方法は、一定の効果が期待できるだけでなく簡単でしかも続けやすいものが多いですよね。

塩抜きダイエットという方法をご存知でしょうか。たったの3日間だけでもかなり効果が期待できると言われており、芸能人の実践者もいるのですよ。塩抜きダイエットの効果とやり方について詳しく見ていきましょう。

塩がなぜダイエットに効果的?塩抜きダイエットのメカニズム

塩抜きダイエットとは文字通り塩分を極力控えるダイエット方法のことです。

実際に塩抜きダイエットを実践して美しいプロポーションを維持している芸能人の方も少なくありません。なぜ塩を抜くことがダイエットに効果的なのでしょうか。

世界で見ても多い日本人の塩分摂取量

私たち日本人が普段食事でよく食べている食品には実は塩分が多く含まれています。

  • 味噌汁
  • 醤油
  • 漬物
  • 味噌
  • 干物
  • 塩漬

といった食品には私たちが思っている以上にたくさんの塩分が使われています。

しかも濃いめの味付けが好きな方はさらに調味料を増して食事をとっているため塩分摂取量はかなりのものになると言われています。

塩分は私たちが生きていく上で欠かせない成分なのですが摂りすぎると健康被害を招くことがわかっています。

調査を行ったところ、塩分摂取量の多い地域は高血圧や胃がんといった病気リスクが高いことがわかったのです。

日本の厚生労働省が推奨している一日あたりの塩分摂取量ですが、18歳以上の男性が8g、女性が7gです。

ところが世界保健機構が推奨している塩分摂取量は5gなので、日本人はそれを上回っているのが現状なのです。

塩分が体に与える悪影響

私たち日本人は先ほど紹介したように普段の食事で塩分を多く摂りがちです。塩分をとりすぎることで体にどのような弊害が起こるのでしょうか。

のどが渇く
塩分を摂りすぎると塩分を薄めようと体液が使われるようになります。そのために水分が多く使われますので、のどがやたらと乾くのです。
高血圧になる
摂り過ぎた塩分の濃度を低くするために水分や汗の排出が抑えられるようになります。

そして血液中の塩分濃度を抑えるために水分を多く取り込もうとするため血液量を増やそうと働くようになります。その結果血圧が上昇するのです。

むくみが悪化する
塩分を取り過ぎると塩分のナトリウムが水分を取り込みます。そして塩分濃度を低下させようと血液内に水分を多く取り込むと、その水分が血管からあふれて細胞周囲にたまります。これがむくみの原因になります。

さらには塩分の過剰摂取を続けているとさまざまな病気リスクも高くなります。

  • 高血圧
  • 心疾患
  • 腎臓疾患

その影響で代謝も鈍り太りやすくなるのです。

体に負担のかかる塩分を控えることで水分の排泄と内臓の負担を緩和して、痩せやすい体を作ってくれるのが塩抜きダイエットです。

▼「塩分と肥満の関係」についてはコチラも参考にしてください!

shutterstock_291590027

痩せるだけじゃない!健康にも効果的な塩抜きダイエットのメリット

塩抜きダイエットを実践することでサイズダウンや体重減少の効果が期待できるようになります。

特に日頃からむくみやすい体質、濃いめの味付けを好んで食べる方は高い効果を実感しやすいと思います。また美容だけでなく健康面でもさまざまな効果が期待できますよ。

余分な水分がどんどん排出、体重減少、サイズダウン効果

塩分を摂りすぎると体内の塩分濃度が上昇します。体はそれを緩和しようと体内の水分を多くとりこんで塩分濃度を下げようと働くようになります。

この塩分濃度を下げるためにとりこまれた水分ですが、本来は排泄されるべき余分な水分です。これが体に多く存在するだけでその分体重が増えてしまうことになります。

塩抜きダイエットで塩分濃度が適正になればそれらの水分の排泄が促されますので、その分体重も減ると期待できますね。また余分な水分はむくみの原因にもなります。

朝起きて顔がパンパンにむくむ、立ちっぱなしのときは足がぱんぱんにむくみますよね。

脂肪がついたわけではないのにむくみが起こるとそれだけ体や顔が太って見えるようになります。

むくみの原因も余分な水分ですから塩抜きダイエットを実践することで、それが体外へ排泄されるのです。その結果気になっていた足や顔周りがすっきりとしてきます。

代謝がアップして痩せやすい体になれる!

塩抜きダイエットを行うと余分な水分が排泄されて体重やサイズダウンが期待できます。

さらには代謝機能をあげてくれますので、痩せやすい体を作るのにもとても効果的なんですよ。

体が余分な水分をためこんでしまうと、本来体が持っている余分な水分や老廃物を排泄するための機能が鈍ってしまって、代謝機能も低下してしまいます。

余分な水分が体内に増えて体がむくんでくると、それらが血管やリンパ管を圧迫するようになり血の巡りやリンパの流れを悪くしてしまうのです。

血流が悪くなると内臓への酸素や栄養分の供給も十分行き届かなくなりますので内臓機能が低下して、代謝が鈍ります。

またリンパ管は余分な水分や老廃物を排泄する管ですから、その流れが滞ってしまうとそれらの排泄も低下してさらに代謝を鈍らせます。

塩抜きダイエットは血管やリンパ管を圧迫していた余分な水分を排泄してくれますので、血の巡りや老廃物の排泄を促して代謝をアップする効果が期待できるのです。

血圧上昇を抑えて生活習慣病を予防

塩分を摂りすぎると血圧が上昇します。血圧が高い状態が続くと、それが心臓にも負担をかけて心疾患などのリスクが上々してしまうのです。

高血圧が恐ろしいのは特にこれといった自覚症状がないまま症状が進み動脈硬化を進行させます。

  • 心筋梗塞
  • 脳出血
  • 脳梗塞

といった命にも関わる重篤な病気を引き起こす原因を作ります。

塩抜きダイエットを実践すれば高血圧を緩和させることにもつながり、病気リスクも低下してくれますよ。

食べすぎを防ぐ

味付けの濃い食事は薄味の食事と比べて食べすぎにつながりやすいという事実をご存知でしょうか?

味付けの濃い物を食べると、塩辛さをご飯やみそ汁で緩和しようとしますので自然と食事量が増えてしまうのです。

その点薄い味付けにすればご飯や味噌汁やおかずをそれほど体が欲しなくなり、自然と食べすぎを抑制してくれるようになります。ダイエットのためにも健康のためにも普段から薄味を心がけるようにしましょうね。

便秘改善で代謝と免疫力をアップする!

女性は便秘で悩む方が多いですよね。便秘の原因は一つではありませんが、水分不足もその原因となるんですよ。

水分が十分でないと便が固くなってしまったり、腸内にとどまりやすくなってしまったりするのです。

塩抜きダイエットでは塩分を控えるだけでなく水分摂取量を増やしますので、便通が改善されやすくなります。

便秘が解消されると、

  • 代謝アップ
  • 肌荒れ改善

といったダイエットや美容面でもさまざまなメリットが得られます。

また腸は免疫機能の7割が集中しているほど、免疫機能をキープする大切な役割を果たしています。

便は老廃物の塊であり長時間腸に留まっていると有毒ガスを発生してそれが内蔵機能を低下させる原因を作ります。

便秘が改善されることで腸の免疫力もアップして病気や風邪にかかりにくくなりますし、かかったとしても回復が早まるようになりますよ。

さっそく実践!塩抜きダイエットのやり方

塩抜きダイエットは塩分を控えるダイエット方法ですが、実践する上でいくつかの注意点が出てきます。

それをしっかりと守らないとダイエット効果が表れにくくなるだけでなく、体調を崩すことにもつながりますのでよく心得ておいてくださいね。

期間は3日、それ以上無理して続けないこと!

塩抜きダイエットは3日間集中で行いましょう。これ以上の期間続けてしまうと体調不良を引き起こす危険性が高くなってしまいます。

塩分は摂りすぎると体に悪影響が出てしまいますが、不足してしまっても体によくありません適度な塩分は健康を維持するために欠かせないのです。

  • めまい
  • ふらつき
  • 倦怠感
  • 精神障害

といった症状が出やすくなります。また夏は汗とともに大量のミネラルが体から排せつされます。

ミネラルが不足すると熱中症リスクが高まりますので、夏は特に塩抜きダイエットの実践には注意が必要ですね。

塩分の摂取量を極力控えること

塩抜きダイエットでは塩分の摂取量を大幅に控えることが重要になります。具体的に以下のような方法で塩分摂取量を控えてみましょう。

加工食品、スナック菓子は禁止
これらの食品はかなりの塩分が含まれています。それほど塩辛くはないと思っていても塩分濃度が高いので塩抜きダイエット期間中は避けるのがおすすめです。
塩分の多い調味料に注意
醤油や味噌、ドレッシングには塩分が多く含まれています。これらの使用量をダイエット期間中は極力控えるようにします。

味で物足りないときは出汁やレモン汁、オリーブオイルや酢などを上手く使って塩分を抑える工夫をしましょう。また普通タイプではなく減塩タイプの調味料に切り替えるのも効果的です。

水分をたくさんとって水分代謝を促進する

塩抜きダイエット期間中はいつもより意識して水分を多めに取るように心がけましょう。

それは体にたまっている余分な水分の排泄を促進させるため、便通をスムーズにするためです。

水分をたくさん摂ることで尿がたくさん出て余分な水分が排泄されやすくなります。

しかもダイエット期間中は水分をためこむ塩分を控えますので水分排泄がスムーズに行われるようになります。

また水分を多くとることで便が水分を吸収して排泄されやすくなり、便秘の改善にも効果的に働いてくれます。

ダイエット中ですから水分の補給源は

  • お茶

にしましょうね。

余分な水分を排泄するカリウムを摂ろう!

体にたまっている余分な水分の排泄を助けてくれるのがカリウムと呼ばれるミネラルです。

塩抜きダイエット期間中は食事制限は厳しくありませんが、カリウム含む野菜や食品を積極的に食べて水分排泄を促しましょう。

  • セロリ
  • 大根
  • バナナ
  • ほうれん草
  • アボガド
  • りんご
  • なめこ
  • さつまいも

といった食品にカリウムが多く含まれていますので、これらを意識して食べます。

塩分の摂取量を控えるためにも調味料は極力かけずにそのまま食べるのが理想ですね。

塩を抜くと言う注意事項のほかに特に制限は設けられていませんので、あとは好きな物を食べても構いません。

塩抜きダイエット向けのレシピとしては温野菜がおすすめです。

カリウムが多く含まれている野菜を温めて、それにオリーブオイルやレモンをかけて食べるのです。

塩分控えめでカリウムも取れますので塩抜きダイエットにおすすめです。

効果を維持するためにも減塩は継続しよう!

個人差はありますが3日の間でも2kg前後の体重減少が期待できます。

しかしせっかく痩せられてももとの食生活に戻してしまうとあっという間にリバウンドする方もいます。

もともと濃い味付けを好んで食べる方は、せっかく余分な水分が排泄された代謝がアップしたのにまた元の塩分摂取量に戻すだけで再び体が余分な水分をためこむようになるからです。

せっかく痩せた体型をキープするためにも、健康のためにも塩抜きダイエット終了後も塩分は控えるのがおすすめです。

最初は薄味を物足りなく感じるかもしれませんが段々と味にも慣れてきますよ。減塩料理をダイエット終了後も続けるようにしましょうね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント