• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「もう限界・・・」彼氏との別れを決意した女性たちのエピソード集

Date:2014.01.14

お付き合いしている男性との別れを決意する時には、何かしらのきっかけがあるものです。程度が軽いものから重いものまで我慢の限界は人それぞれですが、実際にはどんな理由で別れているのか知りたいと思いませんか?

今回は、ちょっと変わった理由で彼氏との別れを決意した女性たちのエピソードをご紹介します。

過剰なまでの束縛に耐えられず別れた女性

お付き合いしている男性に「今日は何をしていたの?」と聞かれたことはありませんか?友達とショッピングや仕事など、何らかの事情で会えなかった場合、その日の行動を彼に教えることは普通のことですが、それが過剰になったらどうでしょうか。

ご紹介するHさんは、彼の過剰な追及に耐えられず別れを決意したそうです。

「彼とデートするのは週末が多かったので、仕事がある平日とかの会えない日に連絡が来るのは別に気にならなかったんですけどね、それが徐々にエスカレートして一旦です。

付き合ったばかりは、会えない日の夜に電話が来て『今日はどんな日だった?何をしていたの?』と聞かれて、仕事でミスしたことや友達とランチをしたことなど全て話していたんですけど、連絡が次第に増えていったんです。

午前、お昼、夜、寝る前、深夜と1日4~5回くらいメールや電話がかかってくるようになったんです。

『前の彼女に浮気されたことがあってお前の行動が気になる』って言われたことがあったので理解しようとしましたが、連絡がつかないと履歴が彼で埋まるほどで最終的には私がノイローゼになっちゃいました。

携帯電話が鳴る度に何だか気分が悪くなって、しばらく実家へ帰って心療内科を受診したら鬱と言われました。

彼にそのことを伝えて『しばらく一人になりたい』と話しても『俺がもっと傍に居て支えてあげるよ』と全く理解してもらえなかったので、それまで使っていた携帯電話は解約して実家へ戻って彼とは縁を切りました。

もしかしたら彼は、彼と言う名のストーカーだったのかなって・・・インターネットを通じて知り合った彼でよく知らないまま付き合った私も悪いんですけどね。

彼と別れてからはだいぶ調子が良くなったので、また恋愛をしたくなった時には現実世界で彼氏を探そうと思います」

仕事が続かない彼との将来が見えず別れた女性

彼と付き合ってすぐに同棲したIさんは、当初から結婚を強く意識していたそうです。

「30歳も半ばだったのでそろそろ結婚したいなと考えていた時に彼と出会いました。彼は私より3つ下でしたが責任ある仕事をしていたので頼りがいもありました。でも、同棲して半年くらいしてから仕事を辞めたと聞かされたんです。

生活費は折半していましたが、無職の彼に支払いは出来ないので「気にしないで。次の転職先が見つかるまでは私が面倒みてあげるよ」と生活に関するお金は全て支払うようになりました。

でもなかなか仕事が決まらず、やっと見つけても長続きせず・・・そんなことが続いたある日に妊娠したことがわかったんです。すぐ彼に話そうと思いましたが、些細なことで喧嘩することが多くてタイミングが見つからず、しばらく黙っていました。

半月くらいしても仕事は相変わらず決まらなくて、わたしのつわりもひどくなってきた頃でしょうか、彼の浮気が発覚したんです。何だか全てが嫌になってしまって、別れを切り出しました。彼も私よりずっと年下の浮気相手に本気みたいで、すぐに家を出てしまいました。

彼に連絡して妊娠を話すことはいつでも出来ますが、一緒に居ても辛い将来しか見えないので彼には内緒のまま産むつもりです。後悔しているとすれば母親みたいになってしまったことです。

仕事を辞めた時に面倒見てあげるなんて言わなければ違っていたのかなぁと思いますが、もう過去のことなのでこれからは子供と私の将来のために覚悟を決めて頑張るつもりです」

母親のことが好き過ぎる彼に耐えきれず別れた女性

母親と仲が良い彼なら付き合いに支障が出ることはないでしょうが、仲が良すぎる彼の場合は別れの原因になることもあるそうです。Yさんが付き合った彼は、母親に影響されやすかったそうです。

「付き合った当初から母親の話題が多くて、マザコン的な要素がありました。

見たことが無い服を着ている彼に『似合っているね、どこで買ったの?』と質問すれば、『お母さんと一緒に服を買いに出掛けたんだけど、趣味いいと思わない?』って言われたり、二人だけで旅行しようと計画を立てても『お母さんも一緒なら楽しいけど駄目だよね?』って聞かれたり・・・二人で居るはずなのに常に彼の母親の存在がある感じでしたよ。

それでも彼のことが好きだったし、彼は私のことを大切にしてくれていたので別れようとは思いませんでした。でも・・・『俺とこれから先も一緒に居る気があるなら結婚しない?』とプロポーズされて承諾したら、彼の母親への気持ちがますます高くなったんです。

新居を探そうと提案する私に『お母さんが居ないと生活出来ないから同居しよう』って。同居するつもりなんて無かったので冗談を言っているのかと思ったんですけど、彼は大真面目。

『新婚旅行は家族旅行を兼ねてお母さんも連れて行こう』とか『結婚して子供が出来たらお母さんに名づけてもらおう』とか、口を開けば私との将来じゃなくお母さんの話しばかりで耐えられなくなったんです。

結婚式場は既に押さえていましたがまだ仮予約だったので、今しかないと思って別れを告げると『俺だけじゃ決められないからお母さんと三人で話そう』とまたしてもお母さんの話しで逃げるように彼の前から姿を消しました。

彼の母親には何度か会っていますが特に変わった感じの人じゃないですけど、彼は完全に母親の虜ですから結婚しなくて良かったと思っています」

別れて○○している女性は少ない?!

ご紹介した女性たちの共通点は、別れた後に後悔をしていないことです。どの女性も納得がいくまで考え抜いた結果として別れを選んでいるので、彼とサヨナラした後に「やっぱり複縁をしたい」と思うことも無いようです。

今お付き合いしている男性との別れを考えている方は、後悔しないためにもご自身が納得できるまできちんと考えてから続けるか、別れるかの決断をしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事