• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

月曜日の憂鬱を解消して、素敵な笑顔で出勤するコツ

Date:2013.04.14

楽しい休日が終わり次の日は仕事、と思う日曜の夜。なんともやるせなく、寂しく、暗い気持ちになりますよね。平日はそんなこと感じないのに、日曜の夜の憂うつ、月曜の朝の憂うつはかなりのものです。

そのせいで会社を辞めてしまいたくなると言っても過言ではありません。でも、どこの会社に行っても多かれ少なかれ月曜日の憂うつはあるでしょう。それならそんな憂うつを克服してしまえばいいのです。

月曜日に素敵な笑顔で会社に行ける、そのコツとはどんなものがあるでしょう?

日曜の夜に月曜の助ジュースを確認する

日曜の夜に明日の仕事のスケジュールを確認し、仕事へのモチベーションを上げましょう頭を休日モードから仕事モードに切り替えることで、憂うつを感じなくなります。月曜の朝から意欲満々で出勤することができますよ。

月曜の夜にデートの約束

楽しみを作りましょう。彼とのデートの約束を月曜の夜に取り付けましょう。夜の楽しみを考えれば、1日中機嫌よく仕事ができます。夜のこと考えるだけで憂うつさがなくなりますよ。

彼とのデートでなくても、友達との食事やエステなど自分が楽しめる予定を組みましょう。

お気に入りの服を着る

女性は服装で1日の気分が決まりますよね。月曜には新しい服や、お気に入りの服装で出勤しましょう。ご機嫌ですごせますよ。メイクもヘアも念入りにすると、さらに上機嫌になれますよ。

月曜のコーディネートを考えている日曜の夜の憂うつも軽減されるでしょう。

日曜の夜は早く寝る

月曜の憂うつを考えないように、日曜は夕方からお風呂にゆっくりとつかり、スキンケアをしっかりして早く寝ます。

次の朝はすっきりと目が覚めて、気分も晴れやか。体が健康だと心も健康になります。熟睡して肌もピカピカ。お化粧ノリもよくて、月曜の朝でもいい気分で出勤できますよ。

次の休日のことを考える

あと5日会社に行けばお休み。次の休みの予定を考えて楽しみにしましょう。少しだけ憂うつ気分が和むかもしれません。

気分がリフレッシュするアロマを炊く

心を落ち着かせて気分転換できるカモミール、バジル、メリッサ、ラベンダー、スイート・オレンジ、ベルガモット、ジャスミン、ローズなどのアロマを炊きましょう。心がやすらぎますよ。

月曜の朝はライムやレモン、ジンジャーなどのアロマをハンカチに垂らして、リフレッシュ。いい香りのおかげで気分もスッキリしますよ。

いつもと違う友達とランチの約束をする

いつもと違う予定が入っていれば、月曜の朝の憂うつもやわらぎます。

いつもと違う部署の友達や最近会っていない友達など、ちょっと変わった友達とのランチを約束しましょう。もちろん、気のおける友達を選ばないとかえって緊張したり、憂うつになったりしますよ。

この記事をシェアする

関連記事