• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【写真説明付】複雑な形の照明器具を片手で掃除する私の掃除術

Date:2012.08.05

複雑な形の照明器具をきれいに掃除するには?

デザインが気に入って選んだ照明器具。デザインが凝っているものほどホコリが溜まりやすくて、掃除が難しいですね。照明器具を外して掃除できたらいいんですが、なかなかそこまでできないですし。手を伸ばして雑巾で拭くのも大変・・・そんなときは軍手を使って掃除してみましょう!細かい部分まで手が届いて、きれいに掃除できますよ!

用意するもの

・軍手
・中性洗剤

洗剤は、中性洗剤をおすすめします。その他の洗剤は、変色・変質、強度低下による破損の原因になりますので、ご注意ください。

デザインが気に入って選んだ照明器具ですが・・・

昨年の大掃除から掃除をしていない照明器具。デザインが気に入って選びましたが、掃除するのが大変です。

ソケット部分には、ホコリがたくさん溜まっています。

照明のカバー部分にもうっすらとホコリが溜まっています。

軍手をして掃除してみましょう

ゆっくりと撫でるように拭いていきましょう。力を入れすぎると照明が落ちてしまいますので、気をつけてくださいね。

細く拭きにくい部分も指を使って拭いていきます。

照明のカバー部分も指で挟んで、ふちをゆっくり拭きます。

しつこい汚れがあるときは、照明器具の電気部分にかからないように注意しながら、洗剤をスプレーして取り除きます。

ソケット部分のホコリがきれいに取れて、元の輝きが出てきました。

照明のカバー部分のホコリも取れて、照明が明るくなると思います。

軍手がこんなに汚れました。軍手は洗えば、また使うことができますね。

照明器具を掃除するときの注意点

軍手を使えば、細かなカーブも指先で触るだけで掃除できます。他にも電球、コードとコンセント、コンセントカバーのホコリも取り忘れないようにしましょう。掃除するときは、危険なので、必ず電気を消してから掃除してくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント