• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「旦那は好き。義理母は嫌い」義理母と上手く付き合う女性の秘策

Date:2014.06.09

結婚すると義理の両親や親戚など家族が増えますが、中でも会う機会が多い相手と言えば義理母ではないでしょうか。仲良くできれば問題ないのですが、中には不仲が続いた末に「嫌いになってしまった」という方も居るかもしれませんね。

今回は、義理母と上手く付き合っている女性たちからその秘策を教えてもらいましょう。

女優気分で良い嫁を演じる女性

結婚して10年の女性(36歳)は、ある時期から義理母のことが嫌いになってしまったと言います。

夫婦だけの時は、義理母との関係には別に悩んでいなかったのですが、子供が産まれてから厄介な存在になりました。子育てについて色々口出しされるようになったんです。

避けて過ごそうと思いましたが、冠婚葬祭やお正月など家族行事があれば会わないわけにはいきませんよね。だから、義理母の前でだけは良い嫁を演じることに決めたんです。

学生時代に演劇をしていた経験があるのでそれを生かして、自分が理想とする嫁になりきるんです。泊まりの時はさすがに疲れますが、数時間なら役と思って簡単に乗り切れます。

良い嫁を演じるようになってからは、義理母から子育てに何か言われても不思議とイライラしないんですよね。旦那には『多重人格みたいだ』って言われますけど、自己防衛手段なのでこれからも義理母の前だけでは女優気分で良い嫁を演じようと思います。

終わった後の楽しみを作る女性

結婚して3年(28歳)の女性は、ご主人との時間を奪われることが増えるにつれて義理母のことを嫌いになったと言います。

私も旦那も働いていて休日が合うことは週に一度だけ。それなのに、その大事な日を義理母が買い物やお墓参りなど理由をつけて一緒に過ごそうとするんです。

義理母は、早くに旦那を亡くしシングルマザーとして旦那を育てた立派な人ですから、結婚するまでは尊敬していましたし、結婚前は『二人の仲を邪魔したくない』と言ってデートの時間を奪うことはなかったのです。しかし、結婚後に激変してしまって。

『早く孫の顔が見たいわ』と言いつつ、二人の時間を奪う義理母のことがだんだん邪魔になってきて、会った後は胃痛に悩まされました。それで、義理母を無視して生活するわけにはいかないので、義理母と会った後に楽しみを作ることにしたんです。

欲しいアクセサリーやエステなど自分にご褒美を与えるという楽しみを作ってからは、義理母が嫌という気持ちが軽減しているように思います。

『あと数時間我慢すればあのバッグを買える!』と言い聞かせて乗り切っているので、仲の悪さに悩んでいる人は義理母のことを考えずに欲しい物を探して悩む時間にすればいいんじゃないかと思います。

我慢することをやめた女性

結婚して5年(30歳)の女性は、義理母に対して我慢することをやめたことで上手く付き合うことができたと言います。

義理母は、所謂キャリアウーマンで人を見る目が厳しく、指摘される時はかなりきつい言葉で言われるんです。結婚当初は、自分という人間を全否定されたような気がして会う度に凹んでいました。

旦那は一切介入してくれないので、一人で耐えていた時に子供ができたんです。妊娠中も容赦ない言葉を義理母から言われて、こんなことで子育てできるのだろうかと心配の日々でした。

でも、出産をきっかけに強くなれたんです。それまでは何も言えない私でしたが、子供を守らなくちゃいけないという気持ちと泣いてばかり居たら子供が心配するという気持ちから、義理母に我慢することをやめました。

何か言われたらただ飲みこむのではなく反論もできるようになりました。そしたらいちいち反論する私のことが面倒になったのか、義理母から指摘されることが少なくなったんです。

義理母と会う時には子供も一緒なので、優しいおばあちゃんで居たいのかもしれませんが、今の所は無害な人なのでこの調子なら上手く付き合っていけそうです。

義母との上手な付き合い方を見つけよう

日本は、長寿国と言われているので義理母との付き合いは思う以上に長く感じるかもしれません。ご主人を産んでくれた大事な人とわかっていても理不尽な出来事や言動によって、「仲良くできない」と諦めてしまうこともあるでしょう。

しかし、避けて生きるわけにはいきませんので、義理母の機嫌を損ねないように日頃から工夫することをお勧めします。

母の日や誕生日には好きな物をプレゼントする、定期的にメールや電話をかけて日頃から義理母のことを想っていることを伝える、時には義理母を頼ってみるなど触れ合う機会を自分から作ってみましょう。

会う回数を増やすことで義理母の性格を理解し、上手に付き合う方法が見つかるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事