• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌、脂肪燃焼、ダイエットに適したゴールデンタイムのいろいろ

Date:2013.03.13

美肌のゴールデンタイムは夜の10時~2時まで、と言われるように美肌になりやすい時間と言われるものがあります。それをゴールデンタイムと言いますね。

美肌のゴールデンタイムの時間に深い睡眠を取ることで、細胞の生まれ変わりがスムーズで美肌にいい影響を与えると言われています。

このように特にその時間に行うと、より効果がアップするというゴールデンタイムにはいろいろあります。

どのようなゴールデンタイムがあるでしょうか?いろいろなゴールデンタイムを集めてみました。

睡眠のゴールデンタイム

美肌のゴールデンタイムが夜の10時~2時と言われていますが、このゴールデンタイムは睡眠のゴールデンタイムであり、ダイエットのゴールデンタイムでもあるのです。その理由は、成長ホルモンが大量に分泌されるからです。

成長ホルモンが大量に分泌されるのは、眠りに入ってからの3時間。特に最初の90分にもっとも多くの成長ホルモンが分泌されるのです。

睡眠のゴールデンタイムに分泌されるホルモンは肌の新陳代謝を高め、免疫力を高め、脂肪を燃焼させ、骨や筋肉の修復や合成を行います。このゴールデンタイムは美肌、ダイエット、健康のためにも重要なものなのですね。

起床後2~5時間が仕事のゴールデンタイム

仕事は午前中が勝負、とはよく言われることですね。それは起きてから2~5時間が頭が最も冴えて、集中力が高まる時間帯だからです。この時間にどれくらい仕事ができるかで、その日の仕事のはかどり方が違いますよ。

仕事は午前中にがんばれるといいですね。

脂肪燃焼のゴールデンタイムは夕方4時~6時前後

自律神経の一つである交感神経が、優位になっているときに運動するのが一番効率よく脂肪が燃焼します。その時間帯が夕方4時~6時前後。この時間帯は心拍数が高く、体温も高いです。また筋肉の血流も多いので体脂肪の分解が促進されるのです。

朝や午前中は交感神経が活発になっていなし、夜も体温が低くなるので筋肉の働きが低くなります。運動をするならこの時間帯が一番適しているのですね。

運動後の30分に栄養補給

運動後の30分は筋肉におけるゴールデンタイム。この時間帯にタンパク質と炭水化物を摂ると筋肉がつきやすくなり、また疲労回復にも役立つと言われています。

筋肉は水分を除くと約80%がタンパク質。運動後の筋肉修復の材料となるタンパク質を摂ることは、筋肉のためにも大事なことです。

おやつのゴールデンタイムは午後3時

午後3時はおやつの時間ですね。でもこの時間帯は食べても太らないといううれしい時間帯なのです。

脂肪細胞に脂肪を蓄積させるBMAL1というタンパク質があるのですが、この成分が一番少ないのが午後3時なのだそうです。

このタンパク質が一番少ない時間におやつを食べても太りにくい、ということですね。ちなみに午後10時~2時の時間帯はBMAL1というタンパク質が一番増える時間帯だそうです。

この記事をシェアする

関連記事