• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ごま油マッサージでツルツヤ肌を手に入れる方法

Date:2013.06.16

ツルツル、艶々の肌誰もが憧れますよね。肌が綺麗なだけで、年齢はグンと若く見えます。逆に、せっかく綺麗な顔やスタイルでも、肌が綺麗じゃないとなんだかがっかりしてしまいます。

「だけど、そんなにお肌だけにお金もかけられないし」「同じお金を出すなら、化粧品じゃなくて、洋服や、その他のものに使いたいわ」そんな人に朗報です!なんとスーパーで売っているごま油が、美容に導くマッサージオイルにとって代わるというのです。

アーユルベーダ式ごま油美容健康法

インドにはアーユルベーダという伝統的な医術があります。アーユルベーダというと、エステやマッサージのイメージが強いと思うのですが、実際のところインドでは食事療法や、ヨガ、浣腸など様々な手法を使って体質を改善していく方法を全般をアーユルベーダと呼びます。

その、アーユルベーダの中で使われる、マッサージオイルの一つに、セサミオイルがあります。セサミオイルを日本語に直訳すると、ごま油。なかでも、マッサージに使っていくオイルは白ゴマ油、スーパなどによく売っている「太白ごま油」となります。

このごま油は、若返りのオイルとして知られ、マッサージすればするだけ、肌が若返ると言われています。若返りの効果の他に、ごま油でのマッサージは血行促進、解毒、美白、精神の安定の効果があるといわれています。

肌をマッサージするオイルは、肌表面だけに作用するものではなく、毛細血管などを通じて体の芯にまで到達します。このように、ゴマを口から食品として食べるだけではなく、肌からゴマの成分を吸収させる事もできるのです。

オイルの準備、マッサージ法

それでは、さっそくオイルを準備していきます。買ってきたごま油を、直接マッサージに使っていってもいいのですが、キュアリングと言って、いったん鍋で100度まで熱することをお勧めします。この下処理を行うことによって、オイルが酸化しづらくなるのです。

では、いったん熱したオイルを冷まし、百円ショップなどで売っているポンプ式ボトルに移し替えましょう。これで、マッサージする際に必要な分だけ、手軽に手のひらに出すことができます。

マッサージするシチュエーションは就寝前のお部屋でも、テレビを見ながら居間ででもかまいません。ですが、特におすすめなのは半身浴をしながら、湯船の中でのマッサージです。

体を湯船の中につけて、肩やお腹、むくんだ足などにオイルをつけ、下から上にマッサージしていきます。特に、冷えやむくみが気になる方は、足先やふくらはぎなどを中心に行うと末端の血行が促進され、お風呂上りに気持ち良く就寝することができます。

また、このオイル、メイクを落とすクレンジング代わりに使うこともできるのです。オイルを手に取って、顔をクレンジングしながらマッサージ。クレンジングもできて、何とも気持ちいいマッサージも同時に行うことができます。

ごま油でリラックス美人へ

いかがでしたか?高い化粧品を買わずとも、スーパーで手軽に購入できるごま油で若返る事が出来るなら、やってみたいと思いませんか?実際、私自身もお風呂で足などを中心にマッサージを行った日は、気持ちよく深い睡眠がとれることに気が付きました。

また、「肌綺麗ね」とよく褒められます。知り合いにこのオイルでマッサージしてあげたところ、翌日の化粧のりが違ったそうです。何よりも、日中むくんだ足が、マッサージで軽くなると、病み付きになってしまいます。気になる方は是非一度お試しください。

この記事をシェアする

関連記事