• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ゴルフ素人でも出来る!プロ顔負けのオーバースピンのかけかた

Date:2012.12.09

北回帰線を狙う

オーバースピンのかけかたは意外と簡単で、ボールの真ん中(ちょうど地球の赤道にあたる場所)よりも少し上の北回帰線のあたりを狙って打つといいのです。ゴルフ練習場で練習をしましょう。

まずはアイアンで「すくい打ち」をするクセを直すことです。アイアンはクラブヘッドに傾斜がしっかりとついているので、どうしても気持ちは「下からボールをすくって打つ」という方向に流れます。

そうやってすくい打ちをしても、練習場では美しい弧を描いてボールは飛んでくれます。練習場でティーアップしてボールを打っていたり、固い人工芝にボールを置いて打つと、下からすくって打っても、どうにかボールは飛んでくれます。

しかしコースに出ると、そこはやわらかい芝生。あるいは深い草むらです。下からアイアンですくって打っても、土をすくっているようなもので、ボールは飛びません。

アイアンは常にボールの北回帰線のあたりを狙って打つこと。この練習を打ちっぱなしでしていると、自然とオーバースピンがかかったボールになります。

ヤバい!グリーンを超えてしまった場合の対処法

オーバースピンがかかったボールを打つと、時々、ボールはグリーンを超えていきます。グリーンまわりの芝目の深い場所にボールが行ったり、あるいはグリーンの向こうの斜面にボールが落ちたり。

そういう時はサンドウエッジかピッチングを短めに持ってふたたびグリーンオンを狙います。足を揃えてちょんと打つといいのです。しかしクラブはいつも通りに振り抜くこと。

振り抜かないとクラブヘッドは芝目に食われてボールはいつまでたっても目の前にある……という哀しい結果になります。グリーンが近いと、どうしてもクラブを振り抜く勇気が出ないものです。

これは男女に共通している気持ちです。でも、その気持ちを乗り越えて、しっかりと振り抜かないといつまでたってもONしてくれません。

この記事をシェアする

関連記事