• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ゴルフが上手な女子と見られる為のスイングの簡単なコツ

Date:2012.12.19

女子プロはクラブヘッドがボールを捉えたら捉えていないかという時に、すでに空を見上げてボールの行方を追い掛けているかのように見えます。

しかし、あれ、ボールを打ったあとに空を見上げているのです。クラブヘッドがボールを捉えるまで、彼女たちはじっと止まったままのボールを目で捉えています。ボールを打ち終えるまで、かならず止まったボールから目を離さない。これ、基本です。

大きな円運動を意識する

止まったボールから目を離さないと、体の背骨を軸とした円運動が生まれます。惚れぼれするようなスイングをしている女子プロとは、この円運動が正円(せいえん)になっています。しかもゆっくりとした円運動になっています。だから美しいスイングに見えます。

クラブヘッドを上げた位置と、フィニッシュの位置を線で結ぶと、1つの隙間のない円になること。これがいいスイングであり美しいスイングです。しかも腕をつかって、大きな円を描くこと。

この練習は、打っている様子を撮影してくれる練習場で行いましょう。ハイテクマシーンがある練習場はたくさんあります。

ボールのどこをクラブヘッドが捉えているのか?円運動はちゃんと行われているのか?描いた円は大きくて隙間のない円なのか?そういうことを練習風景を撮影して教えてくれるゴルフ練習場があります。ふつうの打ちっぱなしと同じくらいの金額か、少し高いくらいです。

それでも美しいスイングにならない人は手で打っている

どうやっても美しい円を描けない人は、手でボールを打っています。練習が終わったあと、手にマメができていたら、それは手で売っている証拠です。ゴルフのクラブは肩をしっかりとまわして体全体で打つものです。

特に女性は男性に比べて、体がやわらかい人が多いので、腰はしっかりと回転し、肩はしっかりとまわって、少し練習をするだけで華麗なスイングになりやすいのです。

その感覚がわからないという人は、練習の前に肩をしっかりと回してストレッチをしましょう。ストレッチをしていると徐々に「こういう感覚かな?」というのが掴めるようになります。

この記事をシェアする

関連記事