• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お金のかかる女に見られないように…一点豪華主義の見せ方

Date:2012.08.25

女性の皆さん、毎日お仕事や家事、お疲れ様です。贈り物として、たまには自分へのご褒美として、ブランド品を手に入れる、そして身につけることはある種、女性のステイタスであると言えます。

しかし、全身をブランド品で固めた女性には男性は近寄りがたいもの。そこで取り入れたいのが「一点豪華主義」。文字通り、全身の中で一点だけにブランド品を置くことで派手になりすぎず、かつ豪華さを際立たせる方法です。

ポイントは「面積」、詳しく紹介していきます。

「面積」とはどういうことか

ブランド品を全身の中で一点だけ入れた時の注意は、「広すぎず、狭すぎず」です。全面に押し出されてもよくありませんが、目立たなすぎてもいけないということです。

ブランドのロゴが正面にプリントされているワンピース一枚で歩いていたらどうでしょう。ブランドの広告ばりにアピールしています。それを見て素敵だなと感じる人がいたとしても、そう全力でアピールして来られると褒めづらいものです。

かと言ってジャケットやカーディガンで隠してしまい、気づかれないのも寂しいですよね…。

さりげなく見えるような着方や身に付け方が大事になってきます。ブランド初心者の人にも、持っておくといいアイテムを紹介します。

洋服の場合

ワンピースの例のように、全面にブランドが出てしまう洋服よりも、インナーにしやすいTシャツやスカーフのような面積の小さい部分にブランドを使用すると派手にも地味にもならず、よいかと思います。

Tシャツだったらジャケットなどで脇や袖のあたりを隠し、スカーフならワンポイントになり、アクセントにもなります。バッグに付けるのも手です。バッグ自体はノーブランドのものでも一気に華やかに見えます。

アウターにブランドを起用するにしてもフリマで買った安いブローチをつけたり、1000円以下のマフラーを合わせたりと、「砕け感」があるといやらしさがなく、周りの人から見てもよい印象を与えます。

グッズの場合

ブランド品の購入を考えた時、最初に浮かぶのがバッグやお財布ですね。普段はバッグの中にあり、買い物の時にだけで登場するお財布は目立ちすぎるということもなく、さりげなさを表す代表的ブランドアイテムです。

何かブランド品が欲しいと検討中の人はまずお財布を買うことをオススメします。また、バッグもポシェットやリュックなど、小さなフォルムのものが好感が持てます。

例えば、友達同士の旅行でヴィトンの大きなボストンバッグを持ってきた友達がいたら、「芸能人か!」と思わずツッコミたくなりますよね。

小さな手持ち用のバッグをブランドものにして、ボストンやキャリーケースなど大きなものをもっとリーズナブルなものにした方が、全体的にお得です。

アクセサリーの場合

ブランドのアクセサリーは、ネックレスやピアスなどブランドのロゴがそのままデザインされていることが多いです。それをそのまま身につけると、すぐに目に入りますよね。

特に顔周りに来るネックレス、ピアスにそういったデザインのものが多いので、ブランドアクセサリーを身につける時は、髪型も気を付けた方がいいです。アップにしてフェイスラインがすべて出るようにすると、顔周りのアクセサリーは自然と目立ちます。

ダウンスタイルにして、揺れる髪の陰からちらりとピアスが見えるくらいがさりげなくていいと思います。

指輪やブレスレットもブランド品単体で使用するのではなく、あえてプラスチック製の指輪やポップなデザインの腕時計と組み合わせてみると面白いでしょう。

直接肌につけるもの以外では、ブランドのブローチを手持ちのジャケットや帽子にアクセントでつけるというのも手です。

全身の中で何か一つ輝くものがあると全身が華やいで見えるものです。面積の小さなものの方が購入もリーズナブルに出来ます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント