• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

合コンで男がよろこぶ流麗アラサー自己紹介テクニック3選

Date:2012.12.02

「好きな男性のタイプは?」と聞かれたら「好きになった人がタイプかな。」と言いましょう。

非常にありきたりでイヤらしい言い方ですが、間口がすごく広いので男に敵をつくりません。敵をつくらないどころか「たとえばどんな人を好きになるの?」と男から次の質問が来て、会話が膨らみます。王道を行くラッキーワードです。

「ふつうの家庭で育ったからお金のことはよくワカンナイ」

男は「金、金」と言っている女性を最初から煙たい存在と捉えます。本音を言えば男はお金がかからない女性が良く、女はお金を持っている男性がいい。(一般化のしすぎかもしれないが、お金はないよりあったほうが良い。)

しかし、今の時代、偽セレブ男子もたくさんいるので、「本当に」誰がお金持ち男子なのかは、よく観察をしないとわかりません。

とりあえず「ふつうの家庭で育ったからお金のことはよくワカンナイ」と言って男たちと平和友好的に会話しつつ、自分の株を上げておいて、誰がお金を持っているのかを見極める時間を稼ぎましょう。

「結婚?したことがないから、どういうものかよくわからないの」

結婚をしたいか、したくないかというゼロイチの話になるから「結婚に焦っているがっつくアラサー」というイメージが生まれます。結婚をしたことがない人は「したことないから、よくワカンナイ」と言っておくとがっついたイメージを持たれずにすみます。

事実、したことがないからワカラナイのだから。ちなみに年齢は実年齢を素直に言ったほうが得策です。3つくらい下にサバを読むと「オレの妹と同い年だね。どこの高校?同期に**ちゃんっていなかった?」とか、答えられない質問攻めに合うことも。

いかがでしたか?男女ともに経験することですが、「最初は好みじゃなかったけど、付き合い始めたらどんどん好きになった」ということもあります。

合コンでの自己紹介は、間口を広くとって、「オレでもOKそうだから、彼女のことがんばって口説こう」と思わせるほうが得策であると言えます。

この記事をシェアする

関連記事