• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

実録!お子ちゃま男子の呆れた合コン中の行動とメール内容

Date:2012.10.30

「同い年だと、女の方が精神的に3つ年上」とはよく聞きますが、ここまでお子様な男子も珍しいのではないでしょうか?

「えーっと・・・同い年ですよね?」

社会人4年目。そろそろ学生ノリから離れて、落ち着きたいお年頃。ってそんな時期に、友達の友達であるAくんから飲み会の女子側の幹事をやってくれと頼まれました。

そんなのお安い御用よーと引き受けたものの、Aくんから受け取ったメールを見て嫌な予感が・・・。だってそのメール、絵文字顔文字でいっぱいだったんですよ。

ある程度仲良くなった女の人だったらメールに絵文字顔文字を入れても何とも思わないんですが、ほぼ初対面の男の人がキラキラしたメール送ってくることには抵抗を感じる昭和の女ですこんにちは。

「飲み会(ビール)楽しみ(♪)だNEヾ(@~▽~@)ノ 可愛い子(ハート)そろえてねヨロピク((ノ(_ _ ノ))」(イメージです)とか送られてもね!ヨロピク一丁―!ヨロピク入りましたーはい喜んでー!!みたいな気持ちで受け止めるしかないわけですよ。

ヨロピクって・・・・。んもー、ワカモノなんだか死語スピーカーなんだか分かりません。

「あたしたちって、いなくてもいいんじゃない?」

そんな脱力メールを送信されること、数回。とうとう飲み会当日がやってきました。が、待ち合わせ場所で待っていても、男の子たちがなかなか集まらない。

男子側の幹事であるAくんに電話してみても、呼び出しが鳴るだけで出てくれない。「何かあったのかなー?」とか心配になった頃に、Aくんが男友達を引き連れて登場。

遅れてきたのに申し訳なさそうなカオをするでもなく、先に来ていた友達と合流してひと盛り上がり。なんと言うか、同窓会。男の子たちは全員同じ大学の同級生だったというだけあって、まんま同窓会ノリ。「おー、久しぶりー」「お前、仕事どこだっけ?」みたいな。

お店までの移動中もずっとそうやって仲間内できゃぴきゃぴ盛り上がってるから、だんだん女子チームはいたたまれない気持ちに・・・。そのうち女友達の1人が私に「ねぇ、あたしたちっていなくてもいいんじゃない?」とかこっそり言い出すほど、女子は放置プレイされていました。

うん、あたしも本当にそう思ってましたよ!でもねー、男子側から持ちかけられた飲み会だし、とりあえずお店に入ったら変わるんじゃないかなーとか思ってたんですよね、この時は。・・・・・甘かったな。

「どうぞ、あなたたちだけで楽しんでください」

お店に到着して着席しても、まだまだ内輪ネタ大盛り上がり。えーっと、私たちは○○学部の教授のモノマネとかされても、ぜんっぜん笑えないんですけど?!

そんな困惑をよそに、どっかんどっかん盛り上がる男子たち。その勢いのままに、出てきたお酒で一気を始めちゃいました。「○○くんのーちょっといいとこ見てみたい♪」みたいなコール付き一気。

常識のある大人は、一気コールなんて嫌うんですよね。その危険性もバカバカしさも理解しているから。案の定、一気コールで一致団結して盛り上がる男子たちを見て、女子チームの眉間のシワが深くなってきました。男子のテンションが上がれば上がるほど、女子チームのテンションは下がりまくり。

幹事としてはこりゃーいかん!と思って、現状を打破すべくAくんに「一気は危険だから止めよう」ということと「皆で楽しめる会話をしようよ」と提案したのですが、どこかをどうにかして曲解しちゃったらしく、「皆で楽しめるゲームをしよう!」と王様ゲーム開始。その瞬間、女子のカオがそろいもそろってゴルゴ化。きゃー!

数分後、トイレで数人のゴルゴに囲まれるワタクシ。「いやー、高田、あれはないわ」「ないわー」ごごごごめぇん。「つか、私ら必要なくね?」「ないねー」ででですよねー。「帰ろっか」「いいねー」わわわ私もー!

ということで、結局女子だけ先においとまさせていただきました。でも何が不思議だったって、帰り際に引き留められるわけでも謝られるわけでもなく、男の子たちは普通に「じゃーまたねー」ってノリだったこと。

んん?ひょっとして私たちがお気に召さなかったのかしら?とも思ったんだけど、後日Aくんから「また同じメンツで飲み会(ビール)しようよヾ(@~▽~@)ノすげー楽しかったよヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ」というメールが来たから、そういうわけでもなさそうで・・・・。謎でした。

結局彼らは、「仲がいい俺ら」をギャラリーに見せながら盛り上がることで満足してたってことなのかも?!

この記事をシェアする

関連記事

コメント