• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

合コンで「いいな!」と思った男性の心を確実に掴む3つテクニック

Date:2012.11.30

週に1度は写メつきメールを送る

「昨日の合コン、楽しかったね。また一緒にご飯行こうね。」こういう普通のメールを送っても、男の気持ちをつかむことはむずかしいもの。

「また」っていつ? だいたい、どこの店にご飯に行くといいの? そういう細かい疑問が男のなかに生まれて、あとのメールが億劫になるのです。そういう時は、写メつきのメールを送って「あたしの近況報告+次のデートの約束」をしましょう。

女友だちと浴衣を着て七夕祭りに行ったら、浴衣の写メを送るとか、実家に帰省したら実家の犬の写メを送るとか、「彼の知らないあなたの新しい一面」を送ることで、常に新鮮さがキープできます。

核心に触れる質問には周辺50センチで

彼が焦って「オレのこと好き?」とか「つきあってよ」と言ってきても「今は無理」とそっけなく言って、ガードの固い女を演じないことです。ガードの固さのアピールが激しすぎると、男は追いたくてもあきらめます。めんどうに思うのです。「具体的な期日を区切る」ことが大切。

「いまのプロジェクトが終わったら、時間ができるから、それまで待ってほしい」とか、「フラれたばかりで、恋愛モードにならないから待っていて」とか、男がいつまで待てばいいのかを、それとなく教えてあげましょう。

名前ではなくニックネームで呼ぶ

男はせっかちなのでゼロイチで考えがち。2ヶ月も待たされたら他の女性のもとに行ってしまうことも。

でも、彼のことを「タカシ君」ではなく「タッキー」とか「たあくん」とか、あなた独自のニックネームで呼ぶと、彼は通常の倍くらいの時間、あなたを待ってくれます。ニックネームはそれだけ親近感を呼び起こすのです。

男はひと目惚れしやすいので、合コンで出会って意気投合した女性に対して「できればその日のうちにエッチしたい」と思っています。しかし女性はそれでは下半身がゆるい女に見られてイヤであったり、勝負下着でないからイヤであったりすると思います。

そういう時に、写メつきのメールを送ったり、ニックネームで呼んだりすることで彼に「あたしにとってあなたは特別な人なのよ」というメッセージ暗に送りつつ、いつまで待つのかを明確にしてあげる。

これだけで合コンの時の熱は冷めずに、晴れてつきあえるようになるのです。あくまでも男は「会ったその日にエッチ」がいいのですが。

この記事をシェアする

関連記事

コメント