• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

緑茶パワー!古くから愛され続ける緑茶の健康と美容の効果とは

Date:2014.12.05

日本で古くから愛される緑茶。長年愛されるには理由がありました。

健康に美容にと様々な効果があります。その効果をご紹介しましょう。

飲むことによる効果とは?

緑茶は主にお茶として摂取することが1番多いと思います。経口摂取で得ることができる効果は以下の通りです。

美容

  • 美肌効果
  • 美白効果(メラニン色素の生成を抑制)
  • 肌の潤い保護
  • ダイエット効果 など

美容だけでもこれだけの効果があげられます。

健康

  • 虫歯、歯周病予防
  • 口臭予防
  • 動脈硬化予防
  • 脳卒中予防
  • ガン予防
  • 肝炎予防
  • 風邪予防
  • インフルエンザ予防
  • O-157等の大腸菌感染予防
  • 血圧調整効果
  • 血糖値調整効果
  • アレルギー緩和効果  など

健康効果は学会で発表されるような医学的効果もたくさんでています。

様々な効果をもたらす「茶カテキン」

緑茶には「茶カテキン」と言われる代表的成分が配合されています。この「茶カテキン」1つにも驚くべき効果が隠されていました。

殺菌作用

アルコールよりも強い殺菌作用があり、緑茶を摂取することにより、大腸菌O-157予防やノロウィルス予防にも非常に効果的と言われています。

そして、菌を予防・抑制するという観点から、口内環境も整えます。虫歯や歯周病、口臭対策にも茶カテキンは有効なのです。

美肌効果

ビタミン類が豊富に含まれています。

なかでもビタミンCは多く含まれており、メラニン色素の生成を抑制するため美白にも非常に効果的です。(緑茶3杯でりんご1個分のビタミンCがとれる!)

そしてビタミンAも含まれていることから、カロテンが豊富で皮膚細胞や粘膜細胞を健康な状態に保ってくれます。

肌の水分減少を防ぐことで、肌に弾力性を与えるのもこのビタミンAの効果の1つです。

また、緑茶に含まれるビタミンCは熱にも強く、80℃でも壊れません。ですから温かい緑茶で摂っても効果は高いままです。

風邪、インフルエンザ予防

ビタミンCが豊富に含まれていることから、自己免疫をアップさせ、風邪やインフルエンザを予防します。

また、緑茶でうがいをすることでのどの殺菌作用もあります。

動脈硬化、脳卒中予防

緑茶を摂取することで、善玉コレステロールHDLが血中で増加するため、動脈硬化や脳卒中の予防にもつながります。

また、血糖値を下げる効果があるということから、同じ生活習慣病でも糖尿病にも効果が高いと言われています。

顔につけても良しな緑茶!

緑茶を顔につけるの!?と思われるかたも多いかもしれません。

市販されている「緑茶成分配合」とうたわれている洗顔料には、「茶カテキン」が含まれていることが多いのです。

この「緑茶洗顔」。
実はトラブル肌に非常に効果的なのです。

  • ニキビ予防
  • 毛穴引き締め効果

茶カテキンによる殺菌作用で、皮膚で繁殖したニキビのもととなる細菌を殺菌し繁殖を抑えます。

これにより、ニキビによるトラブル肌のかたにはおすすめな成分です。

現代病にも効果的!

ストレス社会の昨今、現代病ともいわれる「うつ病」などにも効果があるといわれています。

その効果がある成分とは、緑茶に含まれる「テアニン」です。抗ストレス作用があり、老化にも歯止めをかける効果があります。

いかがでしたでしょうか。これだけ、健康にも美容にも良いというと古くから愛される理由が納得できますね。

緑茶を上手に摂取して、体の中からも外からも綺麗になってみませんか?

この記事をシェアする

関連記事